むっちゃ簡単!金融商品は3つのポイントで比較すればいい!

 

どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

突然ですが、みなさんの金融商品を選ぶポイントはなんですか?

 

人によって金融商品を選ぶポイントはさまざまだと思います。しかし、いろいろな金融商品を選ぶポイントを整理すると3つに分類できるといわれています。そして、事前にその3つを知っておくと、金融商品を選ぶときに頭の整理ができます。今回はその金融商品を選ぶ3つのポイントを紹介します。

 

金融商品を選ぶ3つのポイント

 

ずばり、金融商品を選ぶポイントとは以下の3つです。

 

  1. 安全性
  2. 収益性
  3. 流動性

 

まず、最初のポイントは安全性です。安全性とはその名のとおり、お金が安全であること、つまり減らないことです。

 

安全性を表す言葉に元本保証という言葉があります。金融商品を選ぶ際に「元本が保証されているから」というのは安全性を表す言葉です。

 

次のポイントは収益性です。収益性とは利益がでやすい、またはお金が増えやすいことです。

 

このブログは株式投資ブログですので、どちらかというとかなり収益性を重視した話が多いかと思います。収益性を表すものとして「利回りが良いから」「将来の値上がり益が期待できるから」があげられます。

 

最後のポイントは流動性です。流動性とは少し聞きなれない言葉かもしれませんが、換金のしやすさです。お金に換えやすさともいえます。

 

例えば、すぐにお金にすることができる金融商品を「流動性が高い金融商品」ということがあります。流動性が表すものとしては「現金に換えやすいから」「少額でも預け入れ引き出しが自由にできるから」があげられます。

 

ちなみに、この3つポイント「安全性・収益性・流動性」が全て高い金融商品というものはありません。安全性が高いと収益性は低く、また流動性が高くても収益性は低い収益性は低いものです。

 

なぜ、「安全性・収益性・流動性」が高い商品はないでしょうか。それは、安全性と流動性が高い金融商品があったとすると、人々はその商品に殺到してしまい価格が上昇し、結果として、収益性が低下するからです。

 

ミスターマーケット
ですので、金融商品を選ぶときは自分が「安全性・収益性・流動性」のうち、どれを重視して、どれを譲って良いかを考えるとピッタリとした商品を選ぶことができます。

 

日本人が金融商品の選択で重視するものとは?

 

では、他の人が金融商品を選ぶ際に「安全性・収益性・流動性」のうち何を重視しているのかみてみましょう。データは日本銀行の関連団体である金融中央広報委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」から金融資産保有世帯ものを参考にしていますで。

 

金融商品選択の基準-単身世帯

 

まずは単身世帯からみてみましょう。

2017年でいうと単身世帯の金融商品選択の基準は収益性33.1%・安全性31.1%・流動性17.8%・その他18%です。

 

日本人は金融商品を安全性を重視して選ぶとよく言われますが、単身世帯では収益性が安全性を上回っています。とくに近年は収益性が少しずつ上昇しているようで投資に目覚めた傾向がみえてきます。

 

次に2人以上世帯です。

2017年でいうと2人以上世帯の金融商品選択の基準は収益性18.7%・安全性46.6%・流動性21%・その他12.3%になっています。

 

こちらはよく言われる、日本人は金融商品に安全性を重視しているを象徴しているような数字になっています。そして、安全性や収益性ともほぼ同じ水準で推移していることがわかります。

 

金融商品選択の基準は単身世帯と2人以上世帯では大きく異なるようです。単身世帯では収益性がトップであるのに対して、2人以上世帯では安全性がトップでした。そして、単身世帯ではより収益性を求めるようになっているのに対して2人以上世帯ではここ数年で変化が乏しいことが印象的でした。

 

なぜ単身世帯と2人以上世帯では違うのか

 

ではなぜ、単身世帯と2人以上世帯にこれほどまでに差があるのでしょうか。単身世帯のミスターマーケットが考えるに、以下の仮説が思いつきます。

 

  1. 2人以上世帯は安全性を重視せざるおえない
  2. 配偶者(家族)の同意を得ることが難しい

 

はじめに思いつく仮説(1)は2人以上世帯は安全性を重視せざるおえないのではないかということです。2人以上世帯は子どものいる世帯もあると思いますので、子どもの将来の教育資金が必要です。また、今でも持ち家志向が強く、家庭を持ったら次は家というのが定番ですから、住宅資金も必要です。そのため、余剰資金が少なく、資産運用に回せる資金が少ないために安全性を重視せざるおえないのではないかと思います。

 

そしてもう一つの仮説(2)は配偶者(家族)の同意を得ることが難しいのではないかということです。単身世帯では自分1人の意思で資金配分を考えることができますが、2人以上世帯では家族の同意が必要になってきます。楽して儲ける(資産運用)は悪という考え方が根強いなかで、損失が発生する可能性がある金融商品を世帯として選択することは難しいことだと思います。

 

単身世帯のミスターマーケットでもそのような同意に膨大なエネルギーを費やすことはなんとなくわかります。今、2人以上世帯の読者のかたで株式投資をできているかたは、配偶者(家族)の協力しやすさに感謝をしたほうがいいかもしれませんね。世界全体の株式市場が順調なうちに配当金などの実際に手に入れた投資の成果で配偶者に投資(モノを送る)して、今後も株式市場に居続けることができるような体制を整えておくことも大切かもしれません。

 

話が脱線しました。今日のところはこの辺で。

 

よろしければアンケートに協力よろしくお願いします

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。