コロナで株価急落!1200円から日本不動産に投資できるJ-REITインデックのiシェアーズJリートETF【1476】

 

ミスターマーケット
手軽に日本の大家さんになれるETF!
本記事はiシェアーズJリートETFへの投資を感じていただけることを目指しています。今後も内容更新していく予定です。
pixabay

僕しか提供できないのは僕の投資の過去。だから「投資の実際」を更新し続ける。

2020年3月15日

 

 

iシェアーズJリートETF(1476)とは?

 

iシェアーズJリートETF(1476)は東京証券取引所に上場している不動産投資信託(Jリート)の全銘柄を対象とした時価総額加重型の指数である東証REIT指数への連動を目指すETF(上場投資信託)です。

 

2015年10月19日に設定された比較的新しいETFで、これ1つで東証に上場するリート全体に分散投資することが可能です。年4回分配で、決算は毎年2月9日、5月9日、8月9日、11月9日です。

 

 

J-REITとは?

 

REIT(不動産投資信託)は多くの投資家から資金を集め、不動産に投資保有します。

 

そして、その不動産からあがる賃料収入を中心とした収益を投資家に分配金するものです。

『SBI証券HPから』

 

詳しくは下記記事をどうぞ。

少額から不動産投資できるREIT(リート・不動産投資信託)の魅力

2019年5月19日

 

 

iシェアーズJリートETFの構成銘柄

 

iシェアーズJリートETF(1476)の構成銘柄は以下のとおりです。

僕のJ-REITへの投資は「iシェアーズJリートETF」のほかに、個別J-REITの「日本アコモデーションファンド(3226)」「日本プロロジスリート投資法人(3283)」にも投資しています。

 

住宅、物流のリートで、iシェアーズJリートETFと値動きが違います。よかったら確認してください。

 

コロナで株価が急落!都心マンションに投資する日本アコモデーションファンド投資法人【3226】

2020年3月21日

【物流Jリート】親会社は米国株物流不動産トップPLD!日本プロロジスリート投資法人への投資

2020年3月22日

 

ミスターマーケット
さて、講釈はこれぐらいにして、僕のiシェアーズJリートETFへの投資をみてみましょう。

 

 

iシェアーズJリートETF(1476)の株価

 

まずは、株価と保有株の推移です。以降のグラフは「投資ログ」で作成しています。

iシェアーズJリートETF(1476)の株価

 

J-REITは金融庁による毎月分配金批判から投資信託の販売自粛が響き資金の流入がストップし低迷気味でしたが、2018年以降は直近は健闘しています。

 

以前は、株価と相関が近くREITらしい値動きは少なかったのですが、最近は少し逆相関の雰囲気もでてきました。時価総額が14兆円に増えて市場としての地位が上がってきたからかもしれません。

 

2019年の秋にグアーと株価が上昇しました。さすがに過熱感があるのではとほんの一部だけ売却しました。

 

その後、安くなってきたのでチョコチョコ買っていたら、コロナショックで急落しました。。。。。

 

ミスターマーケット
J-REITが最低投資金額が高いので、なかなか売り買いはできないですが、ETFは細分化されていて一部売却がしやすいのがいいですね。

 

【日本不動産】J-REITが気になる!

2017年11月13日

 

 

iシェアーズJリートETF(1476)の分配金

 

次に分配金をみます。直近の分配金から。
iシェアーズJリートETF(1476)の分配金

  • 1株あたり分配金は19円で、70株で1,330円となっています。
  • 分配利回りは4.6%程度、NISA口座で投資しているので無税です。

 

iシェアーズJリートETF(1476)の分配金推移

 

ミスターマーケット
受取分配金は少しずつ増えていますが、ほぼ買増効果です。

 

 

投資損益

 

分配金・株価を確認しました、次は投資の実際をみていきます。

iシェアーズJリートETF(1476)の投資損益

グラフは投資損益の推移を表しています。青色が配当受取累計、オレンジ色が実現損益、黄色が評価損益、赤色が最終損益となっています。

 

iシェアーズJリートETFへの投資は2年と少し。

 

個別J-REITに投資したいのですが、投資資金が限られていためETFで代用したことがきっかけです。いい感じでしたけど、コロナの影響で全ておじゃんですね(涙)

 

ちなみに、なぜiシェアーズJリートETFを選んだかというと、

  • 保有手数料が安かったこと
  • 売買単位が1株だった

からです。

 


(投資当時の選択できたJ-REITのETFです)

 

ミスターマーケット
手軽にしたいならiシェアーズJリートETFは有力な選択肢の1つです。

 

小さい金額からコツコツ投資できるようになっています!ブラックロックさん、good jobです!

 

ミスターマーケットのノイズでした。

 

参考リンク→「iショアーズJリートETF ホームページ

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA