【田舎のデートスポット】イオン(8267)に投資をしていたら・・・?

ミスターマーケット

どうも、日米株投資家のミスターマーケットです。

 

今回は投資先のイオンから配当金をいただきましたので報告します。さらに今までのイオンへの投資の実際もまとめなおしてみたいと思います。

本記事はイオンへの投資の実際を感じていただけることを目指しています。今後も配当受取のたびに内容更新していく予定です。

 

 

イオン(8267)とは?

 

イオン(8267)は国内流通2強のうちの1つで、郊外型大型店舗を得意とします。その昔はタヌキやキツネがでるところに店を構えるのがイオンの出店戦略でした。(ちなみに、もう1つは小型店舗が得意なセブンイレブンです。こちらも保有しています)

 

イオンは各地域のマックスバリューやミニストップ、ウェルシアホールディングス、イオンモール、イオンファイナンスなど上場企業をはじめ多くのグループ会社を保有しています。

 


http://www.aeon.info/index.htmlより』

 

 

配当

 

まずは今回受け取った配当金です。

  • 1株あたり配当金は15円
  • 配当利回りはおよそ1.4%(株価2195円・税引前)
  • 配当月は5月・10月(権利確定月は2月・8月)

 

 

次に受取配当金の推移です。

 

イオンの配当金は少しずつ増配していますが、微増です。日本株はこんなものでしょう。ちなみに、2018年度も年間で1株30円から34円のアナウンスがありました。

 

ちなみに、配当金とは違いますが、イオン株と言えば、株主優待が有名です。最低単元の100株であれば買い物金額の3%がキャッシュバックされます。

【8267】イオンの株主優待(キャッシュバック・映画割引)

2018.04.24

 

 

株価

 

次は株価推移です。投資してからのチャートになっています。

 

ミスターマーケットはイオン株を株主優待目的で購入しました。

 

そして、イオンの経営戦略にはどちらかというと否定的で、ジリ貧かと思っていましたが・・・株価は右肩上がりなんですよね。予想外に嬉しいですね。

 

 

投資損益

 

配当・株価を確認しました、次は投資の実際をみていきます。

上のグラフは投資損益の推移を表しています。

青色が配当受取累計、水色が実現損益、黄色が評価損益、赤色が最終損益となっています。

 

ミスターマーケットのイオンへの投資はいまのところは好調ですね。

 

誰もが知っているイオンという企業に6・7年前に投資していたら株価が2倍近くになっていることは長期投資の利点をみているような気がします。

 

お宝株を探したり、短期で売り買い売り買いしなくても、ベタな株を長期で保有していれば儲けることはできるみたいですね。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。