名前をミスターマーケットにした理由

ども
ミスターマーケットです。

本日は私が名前をミスターマーケットとした理由を紹介します。

私の名前Mr.マーケットはバフェットが投資を学んだベンジャミングレアムが登場させた架空の人物「ミスターマーケット」からとっています。
(*注意:私、ミスターマーケットと区別するために、「ミスターマーケット」とします。)

ベンジャミングレアムが登場させた 「ミスターマーケット」は情緒不安定なパートナーであり、「ミスターマーケット」は会社を売り買いするための値段を提示してくるとしました。そして彼は断っても諦めずに何度も何度も会社の値段を提示してくるのです。機嫌の良い時には会社には輝かしき未来があるといって、とてつもなく高い値段をふっかけてきます。また、機嫌の悪い時には会社は衰退の道しかないといって、ゴミのような値段を提示してきます。(昔購入したグレアム著書「賢明な投資家」がなかったため、正確な引用ができませんでした)

株式市場は強気なときは恐るべき高値になり、市場が弱気なときは安値になります。そして、昨日提示した価格を気にすることなく、毎日新しい価格を提示し続けるのです。つまり、「ミスターマーケット」は株式市場の例えなのです。バフェットも株主への手紙で下↓のように「ミスターマーケット」を登場させています。

たとえ、あなたたち二人が売買する企業が安定した財政状況にあったとしても、ミスターマーケットの値付けはきちんと反映しません…(中略)…ミスターマーケットはあなたの助けとなることはあっても、あなたを手引きすることはありません。あなたが役立てることができるのは、彼の知恵ではなく資力なのです。もし、ある日、彼が目立っておどけた調子で現れたら、彼を無視するのもいいですし、その状況に付け込むのも一案です「バフェットからの手紙 第3版 ローレンス・A・カニンガム P166」

グレアム氏よりバフェット氏のほうが「ミスターマーケット」を痛烈に批判しているように感じます。株式市場の価格はただの感情であり、それ自体で売買の目安にすべきではないと言っています。そして、株式市場からの情報を「ノイズ」であると表現しています。(一方で「短期的にはマーケットは票数計算機にすぎないが、長期的で見れば体重計だ」とも言っています)。ここで興味深いのは、株式市場を「ミスターマーケット」という人物にすることで株式市場の特性を的確、そして滑稽に表現していることです。株式市場という社会的機関からの価格の提示は正しいと思いがちですが、情緒不安定な「ミスターマーケット」が価格を提示していると思えば、冷静さを取り戻せるような気がします。

そして、株式市場とは人々の売買が集中する場所でもあり、感情が集中する場所でもあります。つまり、「ミスターマーケット」とは株式市場であるとともに、投資家ひとりひとりでもあるのです。私たちも株価が高いときはもっと価値のあるものだと思い込み、株価が安くなったら、価値の低いものだと思う傾向にあります。少なくとも私自身はそうです。ですから、私は名前を”ミスターマーケット”としました。私、Mr.マーケットも情緒不安定で滑稽な投資家です。それでも、よろしければ、今後も一つのノイズとして読んでいただけたら幸いです。

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

今後ともよろしくお願いします。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。