クレジットカード双璧:マスターカード【MA】コロナで株価急落!

マスターカードMA

 

ミスターマーケット
買えないモノがある。買えるものはマスターカード(MA)で!

 

本記事はMAへの投資を感じていただけることを目指しています。今後も内容更新していく予定です。
pixabay

僕しか提供できないのは僕の投資の過去。だから「投資の実際」を更新し続ける。

2020年3月15日

 

 

マスターカード(MA)とは?

 

マスターカード(MA)はキャッシュレス決済サービス提供企業。主力はクレジットカードの「Mastercard」。キャッチフレーズは「priceless」。

 

現在のJPモルガンの流れを組むチェースマンハッタン銀行が、バンク・オブ・アメリカのクレジットカード「Visa」に対抗して、開発されたのが起源。

 

クレジットカードの国際ブランドとしてビザVと双璧をなしています。

ニルソン・レポート

 

ミスターマーケット
ロゴマークが新しくなり、ちょっとイメチェンしましたね。

 

 

マスターカード(MA)業績と株主還元

 

ざっと業績からみていきましょう。
Mastercard Inc A 売上・利益 推移
Mastercard Inc A 営業キャッシュフローマージン推移

 

MAの大きなイベント
  • 2006年 ニューヨーク証券取引所に上場
  • 2015年 英決済決済システムのVocaLinkを買収(11億4000万ドル)
  • 2020年 欧州決済システム・ネッツの企業向けサービスを買収(32億ドル)
Mastercard Inc A 1株データ MA 株主還元推移 Mastercard Inc A 株式総数推移

MAの業績は売上・利益など綺麗な右肩上がりグラフが並んでいます。

 

利益の質を表す営業キャッシュフローマージンは驚異の40%超え。つまり、売上の40%が使える金となっているということ。凄まじいです。

 

そして、事業から生まれる資金は、自社株買いの資金としてきちんと株主還元がされています。

 

結果として、株式総数が継続的に減少、それが1株あたり利益を押し上げる好循環になっています。

 

2019年にはデンマーク拠点の決済サービス会社ネッツの電子請求プラットフォームと精算・即時決済サービス事業を3400億円で買収。決済企業としての深掘りも行なっています。

MA 四半期売上推移MA 1株利益

 

ミスターマーケット
さて、講釈はこれぐらいにして、僕のMAへの投資をみてみましょう。

 

 

QRなど新しい技術を使った決済手段が増えて将来の競争相手にならないか不安もありますが、取扱が増えている間は保有方針です。

 

 

マスターカード(MA)の株価と保有株推移

 

まずは、株価と投資金額から。
MA 株価・投資金額$グラフ

MA 株価・為替¥グラフ

 

上が株価(ドル)と投資金額、下が株価(円換算)の為替。ぼくがMAに投資した2018年からの株価です。

 

僕のMAへは米中貿易摩擦の懸念が顕在化して相場が混乱を始めた2018年の12月から始まります。その後、2019年2月にも追加投資。

 

ミスターマーケット
ビザ(V)への投資が絶好調だったので、追加で決済企業に投資したいと思い、投資しました。

 

ビザ(V)に追加投資しても良かったのですが、どちらが優勢になっても良いようにライバルのマスターカード(MA)に投資しました。

 

【V】クレジットカード最大手VISA-3年で株価は2倍、配当は1.8倍に。

2020年9月20日

 

 

マスターカード(MA)配当金

 

次に配当金をみます。今回の配当金から。
MA 配当金

  • 1株あたり配当金は0.4ドル
  • 配当利回りはおよそ0.49%(株価326.19・税引前)
  • 配当月は2月・5月・8月・11月

 

 

次に受取配当金の推移です。
MA 配当受取金額グラフ

ミスターマーケット
今回が6回目の配当金。配当利回りが非常に小さいので、受取配当金額はたったの3ドルと少しです。

 

MAは株主還元を自社株買いメインで行なっていますので、配当が小さいのは我慢して株価上昇に期待しましょう。将来の増配もしてくれるでしょう。

 

 

マスターカード(MA)投資損益

株価・配当を確認しました、次は投資損益推移をみていきます。

 

ドル建の投資損益です。
MA 投資損益$グラフ

MA 投資損益$%グラフ

上のグラフが金額で、下のグラフが%(パーセント)、青が累積配当受取金額、緑が売買損益、ピンクが評価損益、赤線がトータルリターンとなっています。

 

そして、円換算後の投資損益です。
MA 投資損益¥グラフ

MA 投資損益¥%グラフ

 

ミスターマーケット
コロナで一時的に含み損に陥りましたが、持ち直しています。コロナショックの凄まじさを痛感できます。今後も期待しています。

 

参考リンク→マスターカード(日本)プレスリリース

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。