2018年6月に投資した食品トレーのエフピコ 【7947】長期保有できそう!

エフピコ(7947)
ミスターマーケット
エフピコ ・・・初めて耳にしたときはなんてふざけた名前なんだよと思いました。
本記事はエフピコへの投資を感じていただけることを目指しています。今後も内容更新していく予定です。

僕しか提供できないのは僕の投資の過去。だから「投資の実際」を更新し続ける。

2019.03.19

 

 

エフピコ (7947)とは?

 

エフピコとは日本の食品トレイメーカー。

 

1962年に創業し、カラートレイや電子レンジに使用できる耐熱トレイを始めて開発・上市しています。時代ごとに社会に求められている商品を提供することで拡大してきました。

 

現在、国内食品トレイ市場でシェア30%、業界No.1のシェアを誇ります。

食品トレイ最大手のエフピコ(7947)に新規投資です

2018.07.01
エフピコ

 

 

それにしてもエフピコ、地味ですね。ただ、すぐ近くでその存在を確認することができます。

 

例えば、レンジ対応容器を使った惣菜。スーパーで最近よく見ます。

 

ちょっと不安なのが、プラスチック問題です。

 

スターバックスがプラスチックストローの取り止めを発表したようにプラスチックが環境問題になっています。

 

一気に食品トレーまで規制が及ぶとは思いませんが、もしもの時は大きな影響を受けそうです。

 

エフピコは トレーやペットボトルのリサイクルを進めていますので同業他社より有利になるとは思いますが、どうでしょうか。

地味な会社ですが、長期で保有していこうと思います。シナリオ通りにうまく成長したら嬉しいな。

 

 

ミスターマーケット
さて、講釈はこれぐらいにして、僕のエフピコへの投資をみてみましょう。

 

エフピコ (7947)の株価

 

まずは、株価と保有株の推移です。以降のグラフは「投資ログ」で作成しています。

ミスターマーケットが投資してからのエフピコ の株価チャートです。2018年6月に新規投資、10月に損だしの売買を行なっています。

 

ミスターマーケット
エフピコの株価は食品トレーの原材料となる原油価格に反応するようです。原油が安くなると、株価は上がり、高くなると、株価は下がります。

 

保有株ロイヤルダッチシェルと反対の動きが期待できるのも投資の理由の1つだったので思惑通りです。

 

 

エフピコ (7947)の配当金

 

次に配当金をみます。今回の配当金から。

  • 1株あたり配当金は41円
  • 配当利回りはおよそ1.21%(株価6690円・税引前)
  • 配当月は6月・12月

 

 

次に配当金推移です。

 

ここで衝撃の事実。前回、貸株の解除を忘れていたのだが、なぜか貸株の配当金額のほうが金額が多かったみたい。しかも、この時の配当金は1株40円だった。謎。

 

ミスターマーケット
ただし、ここから雑所得で税金申告必要なので、貸株で配当金を受け取っては行けないです。

 

エフピコ (7947)の投資損益

 

配当・株価を確認しました、次は投資の実際をみていきます。

エフピコ投資損益

上のグラフが金額で、下のグラフが%(パーセント)、青色が配当受取累計、水色が実現損益、黄色が評価損益、赤色が最終損益となっています。

 

エフピコへの投資してから調子がいいです。

 

食品トレーは生活に身近な製品ですので需要は常にあります。消費者が直接的にお金を払っていないのも良いと思います。

 

一見するとずっと調子が良いグラフになっていますが、月末株価で作成しているからです。実際には月中にマイナスになったときもあります。

 

10月の急落では損だしのために一旦売却し、買い戻しています。

 

ミスターマーケット
保有して1年ですが、スーパーに行くたびにエフピコ 製品が使われているのが確認できいいですね。保有し続けれそうです。

 

参考リンク→「エフピコ HP

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。