2019年10月の受取配当金を公開!コカコーラ・ペプシコ・マコーミック など8社からいただきました

10月期配当金推移
ミスターマーケット
年末が近づくにつれ、今年の配当金が前年を上回れるのかドキドキしてきました。

 

 

では、さっそく2019年10月の配当をみていきましょう

 

まずは、10月期の過去5年分の配当金推移グラフです。

10月期配当金推移

2019年10月配当金は14,333円でした。

 

前年比で766円減・5%減でした。減少要因はペプシコがNISA枠から外れたこと、円高が効きました。

 

ミスターマーケット
ダナハー・ローパーにも新規投資しましたが、配当が極小のため、ちゃぷんとも言いませんでした。

 

PEP

スナック世界最大手のぺプシコ【PEP】株価は最高水準、配当は47年連続増配

2020年1月11日
KO

最も米国株らしい銘柄!?世界最大手飲料メーカーのコカコーラ【KO】株価2倍・元本配当利回り4%超え

2019年12月22日

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF【PFF】値動きが小さく、高い分配金が特徴のETF

2020年1月4日
メドトロニックMDT

世界最大の医療機器企業メドトロニック【MDT】2018年投資で株価は上昇・配当も連続増配

2020年1月23日
MCK

世界最大の調味・香辛料企業マコーミック【MKC】株価は過去最高水準・連続増配34年!

2020年1月16日

【優待だけ貰えればいいかな・・・と期待ゼロなのに株価が爆上げ】イオン(8267)への投資

2019年11月6日
ROP

工業機器ニッチを攻めるローパーテクノロジーズ【ROP】まだまだ投資半年

2019年10月29日

日本のカイゼンを米国流で進化させたダナハー【DHR】投資8ヶ月で株価は30%上昇・配当極小

2019年10月31日

 

 

米国株・日本株の配当金推移

 

次は全体の配当金推移です。

上のグラフが月毎の受取配当金額、下がそれの12ヶ月平均です。

 

12ヶ月平均にすると配当金が徐々に増加していることがわかります。

ミスターマーケット
ただ直近は少し横ばいですね。年末にかけて追加投資や増配効果で勢いが回復することを期待したいです。

 

【投資KPI】僕は2つの評価基準で投資のモチベーションをあげています【配当と資産額】

2019年8月31日

 

 

海外株の配当金推移

 

つぎに海外株の配当金だけを絞って推移をみてみます。

上がドル建ての配当金、下が円換算の配当金になります。

 

ミスターマーケット
海外株の配当金はずっと綺麗な右肩上がりで増加していましたが、ここにきてブレーキがかかっている気がします。特に昨年より円高に振れているために円換算後の配当金の推移が弱い気がしますね。

 

 

日本株の配当金推移

 

次は日本株の配当金です。

ミスターマーケット
海外株ヘは積極的に新規投資を行なっていますが、日本株への投資は小さくなっています。

高配当株のキヤノンも売却してしまいましたし(一部J-REITを買い増し)、今年の配当金は減少で着地する可能性が強くなってきました。

 

 

配当カレンダー

 

配当カレンダー

緑は実績(金額は2019年)、青は見込み(金額は2018年)となっています。

 

2019年の予想配当金額は236,875円でした。ちなみに、2018年の配当金総額は236,837円。

 

ほとんど増えていないですね。

 

見込みには新規投資や増配分が計上されていないため上振れ前提ですが、ちょっと驚いています(困惑)。

 

ミスターマーケット
最後まで投資を続ける年になりそうです。

 

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。