iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF【PFF】値動きが小さく、高い分配金が特徴のETF

ミスターマーケット
PFFは驚きの高分配利回りETFです。

 

本記事はPFFへの投資を感じていただけることを目指しています。今後も内容更新していく予定です。 
pixabay

僕しか提供できないのは僕の投資の過去。だから「投資の実際」を更新し続ける。

2020年3月15日

 

ミスターマーケット
ちょっと新しいことをはじめようとプログラムを初めて見ました。↓したのグラフはそれで作ったものです。どうでしょうか?
iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の投資損益推移

うまくできたらファイルを公開したいと思います

 

 

 iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)とは?

 

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETFは米国株式市場の優先株を投資対象としたインデックスのETFです。

 

優先株とは普通株より優先して配当金や残余財産の権利を持つ株式で、その代わりに、議決権がないといった性質が一般的です。

 

そして、優先株は下記のように銀行業や各種金融・保険といった金融セクターでの発行が多いです。iシェアーズ 優先株式 & インカム証券 ETF PFF セクター割合

それは、金融機関は安全度を表す自己資本比率を一定以上を保つ必要があるからです。優先株はそのための資本調達を既存株主の議決権への影響なしに集められるために利用されます。

 

ミスターマーケット
PFFは運用手数料0.47%/年が発生します。若干高いですが、値動きが安定していて高分配の優先株に投資するためにはしょうがないかなと考えています。

高配当が魅力のiシェアーズ 米国優先株式 ETF【PFF】

2017年12月21日

 

 

連動対象指数の変更

 

【注意】PFFは連動対象指数の変更をしています。過去の傾向と異なる可能性がありますので注意が必要です。

  • 2019年2月:S&P米国株優先株式インデックス→ICE上場優先株式&ハイブリッド証券トランジションインデックスへ
  • 2019年11月:ICE上場優先株式&ハイブリッド証券インデックスへ

 

ミスターマーケット
僕の意思とは関係なく投資対象が変更されてしまいました。インデックス投資は指数を構成する投資対象への投資というより、指数そのものへの投資だなと感じました。

 

 

 iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の値動きは債券と似ている

 

PFFの特徴は株価が債券と似ていることです。下↓は米国債券ETFのBNDと値動きを比べています。

優先株は株式だけど債券の性質があると説明しましたが、値動きも似ているのがわかります。PFFを検討するときは債券と同じような動きをすることを頭に入れておきましょう。

 

下のグラフは2018年末からのPFFとBNDの分配金込み率比較になります。上の株価の比較グラフでは差が開いていたので気になって調べましたが、そうでもないですね。

 

pixabay

【債券の価格】なぜ債券は金利が下がると価格が上がるのか?

2018年7月18日

 

PFFの注意点は、金融セクターの割合が多いため、金融危機に弱いことです。

 

僕は金融セクターへの投資は、決済銘柄のビザ(V)やマスターカード(MA)、金融情報サービス銘柄のSPGIやMSCIで、銀行や証券会社への投資はしていません。ですので、PFFで下手をこいても、まぁ、ポートフォリオ全体でみると影響は限定的だろうと思っています。

 

ミスターマーケット
さて、講釈はこれぐらいにして、僕のPFFへの投資をみてみましょう。

 

 

 iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の株価と保有株推移

 

まずは、株価と保有株の推移です。
iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の株価と保有株推移

 

2018年は金利の上昇が続いたためPFFの株価は減少が続きました。2019年に入ってFRBが利上げ方針を転換すると一転して上昇しています。

 

ミスターマーケット
2018年の底値で投資できたらよかったのですが、やはり怖くて無理でした。

 

 

 iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の分配金

 

次に分配金をみます。今回の分配金から。

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の分配金
  • 1株あたり0.164192ドル
  • 年間を通すとおよそ5〜6%ぐらいの分配金利回りです。
  • 分配月は毎月です。12月はなぜか年末に1月分も振り込まれます。

 

ミスターマーケット
PFFの他に債券ETFも毎月分配型が多いです。

 

これまでの受取分配金の推移です。

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の分配金推移

上のグラフがドル建の分配金推移、下のグラフが円換算後の分配金推移になっています。

 

毎年12月の分配金が多いのは12月分と1月分の2回が入金されるためです。

 

およそ10万強で月500円程度ですので5%以上の分配利回りとなります。

 

ミスターマーケット
外画MMFの金利と比べて使ったり、使わなかったり。経済は動いてるので有利な商品も変化していきます。

 

 

 iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の投資損益

 

株価・配当を確認しました、最後に投資損益推移をみていきます。

 

ドル建の投資損益です。

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の投資損益推移

上のグラフが金額で、下のグラフが%(パーセント)、青色が配当受取累計、水色が実現損益、黄色が評価損益、赤色が最終損益となっています。

 

そして、円換算後の投資損益です。

iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF(PFF)の投資損益推移

分配金が順調に積み重なっていって、株価の下落を補っています。

 

僕のPFFの投資は米国株配当金の一時置き場としての役割を担っていました。

 

米国株配当で受け取ったドルを再投資するまでPFFで運用していたわけです。

 

ミスターマーケット
いまは外貨MMFか、円に両替することが多いです。

【金利急上昇中】米国株の米ドル配当金の置き場を外貨MMFに変更しました!

2018年10月9日

 

ミスターマーケットのノイズでした。

 

参考リンク→「iシェアーズ 米国優先株式 ETFホームページ(ブラックロック)

SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • 円安時に円転すると、為替差益で総合課税になるかと思いますが、その辺りはどうお考えでしょうか。
    自分もやりたいなと思いつつも、差益の管理が複雑になりそうで踏み込めずにいます。
    良い方法やアドバイスがあればお尋ねしたいと思いお聞きする次第です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA