世界的な人材管理支援システム企業【ADP】オートマチック データ プロセシング

ADP

 

ミスターマーケット
米国の重要な経済指数であるADP雇用統計のADPです。

 

 

オートマチック データ プロセシングADP】とは?

 

ADPはビジネス向けの人材管理サービス企業。ビジネス系企業ですので、新そうですけど、実は1949年にニュージャージ州で創業した歴史を持つ企業です。

 

現在、140カ国の810,000のクライアントに、人事、給与、税務、社会保険、人材開発、福利厚生管理など人材管理のアウトソーシングサービスを提供している。

 

人事管理は企業活動の最重要事項である。一方で、本業とは距離が離れているため、プロへのアウトソーシングが進んでいる分野です。

 

ビジネス的には人事管理は継続的な活動ですので、安定した長期的なビジネスが期待できます。

 

ミスターマーケット
心配なのは、フィンテック企業との競争です。ただ、ADPもクラウド化はもちろん、フリーランス向けのWorkMarketや決済システムWisely Payを買収するなど事業機会を狙っているようです。

 

 

オートマチック データ プロセシングADP】の業績と株主還元

 

ざっと業績からみていきましょう。
Automatic Data Processing Inc 売上・利益 推移

Automatic Data Processing Inc 営業キャッシュフローマージン推移

綺麗な右肩上がりです。次年度からコロナの影響が見えてくると思うので、要注目ですね。

 

ADPの大きなイベント
  • 2014年 自動車ディーラーサービス部門(CDK GlobalWikipedia site:nipponkaigi.net)をスピンオフ

 

ADP 株主還元推移 Automatic Data Processing Inc 株式総数推移

 

さすが、歴史ある企業です。キャッシュに余裕があるため配当・自社株買いにまわしています。

ADP 売上・1株利益 四半期推移

コロナの影響はあるものの、売上・利益とも強いですね。

 

ミスターマーケット
さて、講釈はこれぐらいにして、僕のADPへの投資をみてみましょう。

 

 

オートマチック データ プロセシングADP】の株価と保有株推移

 

まずは、株価と投資金額から。

ADP 株価・投資金額$グラフ ADP 株価・為替¥グラフ

 

上が株価(ドル)と投資金額、下が株価(円換算)の為替。ぼくがADPに投資した2020年からの株価です。

 

ミスターマーケット
コロナショックで相場が急落したのがきっかけで投資しました。

 

 

オートマチック データ プロセシングADP】の配当金

 

次に配当金をみます。直近の配当金です。

  • 1株あたり配当金は0.93ドル
  • 配当利回りはおよそ1.81%(株価205.60・税引前)
  • 配当月は1月・4月・7月・10月
  • ADPには株主優待はありません。

 

次に受取配当金の推移です。
ADP 配当受取金額グラフ

ミスターマーケット
連続増配46年の配当株です。

 

 

オートマチック データ プロセシングADP】の投資損益

株価・配当を確認しました、次は投資損益推移をみていきます。

 

ドル建の投資損益です。
ADP 投資損益$グラフ

ADP 投資損益$%グラフ

上のグラフが金額で、下のグラフが%(パーセント)、青が累積配当受取金額、緑が売買損益、ピンクが評価損益、赤線がトータルリターンとなっています。

 

そして、円換算後の投資損益です。
ADP 投資損益¥グラフ

ADP 投資損益¥%グラフ

コロナショックでは急落した企業の多くが金融緩和により急速に株価が回復しましたが、ADPはプラスに転じるまでけっこう時間がかかりました。

 

企業や雇用がコロナの悪影響が本業へ長期的な重しなる懸念もあるのでしょう。ただ、ぼくはそんな逆光を乗り越えられるのは業界トップの企業である可能性が高いと考えます。

 

ミスターマーケット
ビジネス自体は魅力的ですので、ゆっくりと様子見をしていきたいと思います。

 

参考リンク→ADP IRサイト

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA