会計ソフト大手:インテュイット【INTU】コロナで株価が急落したのでエイヤッ!と投資してみた

 

ミスターマーケット
イメージはマネーフォファード世界版です。

 

インテュイット【INTU】とは?

 

インチュイット(INTU)は個人、自営業者、中小企業、会計士向け財務会計ソフトを手掛けている企業。

 

創業は1983年で、比較的歴史がある企業で、従来はパッケージソフト中心であったが、サブスクリプションへの移行しています。

 

日本の会計ソフト:弥生もルーツはインテュイットと関係あったりします。(現在の弥生株式会社はインテュイット日本法人をMBOで分離独立したもの)

 

商品は、個人確定申告ソフト「TurboTax」(市場シェア6〜7割と言われている)、
個人確定申告ソフト「TurboTax」

 

中小企業会計ソフト「QuickBook」、

中小企業会計ソフト「QuickBook」

 

個人資産管理サービス「Mint」などだ。

個人用会計アプリ「Mint」

 

さらに、INTUは2020年2月に与信スコア管理のクレジット・カルマ(Credit Karma)の買収を発表。

*Credit Karmaは個人の与信スコアを管理し、金融機関のクレジットカードやローンの融資仲介を手掛けている(登録数1億人の最大手)。

 

ミスターマーケット
INTUが持つ精度の高い財務情報とクレジット・カルマの仲介サービスを結びつけて融資事業を積極的に進めていくことが期待できそうです。

 

Intuit Credit Karma

 

 

インテュイット【INTU】の業績と株主還元

 

ざっと業績からみていきましょう。
Intuit Inc 売上・利益 推移

Intuit Inc 営業キャッシュフローマージン推移
INTUの大きなイベント
  • 2009年 家計資産管理ツール:mint.comを買収(約1億7000万ドル)
  • 2015年 創業時からインストール家計ソフト:Quickenを売却(サブスク化)
  • 2017年 請求支払いアプリ:Checkを買収(3億6000万ドル)
  • 2020年 クレジット・カルマの買収(約71億ドル)

 

2016年からの売上の伸びがすごいです。前年2015年にインストール家計ソフト:Quicken売却しているようにサブスク転換が成功した結果でしょう。

Intuit Inc 1株データ

そして、INTUはハイテク企業としては比較的老舗の企業になります。そのおかげで資本の蓄積もあるため、自社株買いや配当も行っているのが嬉しいです。

Intuit Inc 株式総数推移 INTU 株主還元推移
ミスターマーケット
さて、講釈はこれぐらいにして、僕のINTUへの投資をみてみましょう。

 

 

インテュイット【INTU】株価と保有株推移

 

まずは、株価と投資金額から。

INTU 株価・投資金額$グラフ INTU 株価・為替¥グラフ

上が株価(ドル)と投資金額、下が株価(円換算)の為替です。

 

僕が投資したのは2020年3月。コロナショックで株価がパニック売りになっていましたので、万年高値圏でなかなか投資できなかったINTUに投資してみました。

 

ミスターマーケット
今のところは反発でプラスになっています。

 

 

インテュイット【INTU】の配当金

 

直近の受取配当金です。
インチュイット INTU配当金

 

次は実際の受取配当金推移。
INTU 配当受取金額グラフ

青棒が配当受取金額(ドル)と、赤線が配当受取金(円換算)です。

 

ミスターマーケット
流石に金額が小さすぎるのでもう少し買い増ししたいですね。

 

 

インテュイット【INTU】の投資損益

 

株価・配当を確認しました、次は投資損益推移をみていきます。

 

ドル建の投資損益です。
INTU 投資損益$グラフ

INTU 投資損益$%グラフ

上のグラフが金額で、下のグラフが%(パーセント)、青が累積配当受取金額、緑が売買損益、ピンクが評価損益、赤線がトータルリターンとなっています。

 

そして、円換算後の投資損益。

INTU 投資損益¥グラフ INTU 投資損益¥%グラフ
ミスターマーケット
まだ投資して4ヶ月です。様子見ですね。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA