2021年2月の受取配当金を公開!P&G・コストコ・アップルから配当をGet!

 

ミスターマーケット
相場は上下ありますが、配当金は確実に増えています

 

 

2021年2月の配当金

 

さっそく2021年2月の配当金をみていきます。

 

まずは、受取配当金の推移から。

直近12ヶ月の受取配当金額(税引後)の推移を表しています。最近1年でもらった配当金の金額ですね。青が海外株・赤が日本株になっています。

 

2021年2月末の金額は262,500円になりました。

 

1日5000円で暮らすと考えたら年間52日のFIRE状態です。

 

ミスターマーケット
これが365日になると僕はプー太郎になれます(年間180万)。

 

次は海外株と日本株をわけて単月でみてみます。

 

まずは、海外株の配当金から。

右肩上がりですね。順調です。

 

次は日本株の配当金です。

こちらは概ね横ばいです。

 

海外株と違い追加投資をしていませんので、こんなもんでしょう。

 

次に、直近5年間の2月期の受取配当金推移です。

前年に比べて減少しました。

 

要因としては、

  • スターバックス(SBUX)が3月に期ずれしたこと
  • 日本株で外食のブロンコビリーの一部売却・減配
  • コルゲートパルモリーブ(CL)の一部売却
  • アップル(AAPL)の一部売却

 

が思い当たるとこです。買い増しも行っているのですが、それら銘柄は配当金額が小さく効き目はありませんでした。

 

といっても、SBUXが期ずれしなければほぼ前年並みです。

 

ミスターマーケット
コロナの影響を割引くと、順調と考えても良さそうです。

 

 

米国株の配当金推移

 

つぎは米国株の配当金だけを絞って推移をみてみます。

まずは、ドル建ての配当金です。

 

そして、円換算後の受取配当金です。

直近は、若干の円安傾向にあります。米国の長期金利上昇が円安効果があるとすると、円換算後の配当金は増えるかもですね。

 

ミスターマーケット
数年でみるとマイクロソフト(MSFT・水色)の配当が大きく増加しているのが特徴的です。追加投資と増配の影響ですが、ハイテク大型株で配当がある銘柄は珍しいのでお気に入りです。

 

 

日本株の配当金推移

 

次は日本株の配当金です。

日本株はコロナの影響で配当が小さくなったとこもありますが、今年は影響も薄れ、投資なしでも増加してくれるんじゃないかと期待しています。コロナ相場で投資したとこで順調なとこもありますしね。

 

ミスターマーケット
あと、もしチャンスがあったらJ-REIT(物流REIT)に追加投資したいと思っています。そうすれば、配当金が久しぶりに大きく増加すると思いますが・・・さて、そんなチャンスを手にできるかな・・・。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA