ネット通販・クラウドの最強企業Amazon【AMZN】2017年5月に1株1000ドルで投資した結果は?

amazon,AMZN
ミスターマーケット
Amzonはブワーッと株価が上がるなかで勢いだけで買いました。

 

本記事はAMZNへの投資を感じていただけることを目指しています。今後も内容更新していく予定です。 

僕しか提供できないのは僕の投資の過去。だから「投資の実際」を更新し続ける。

2019.03.19

 

 

amazon(AMZN)とは?

 

アマゾン・ドット・コム(amazon・AMZN)は世界最大のオンライン小売企業。

 

1994年にオンライン書籍ストアとして創業。日用品や家電、ファッションなど取扱商品を拡大していき、2017年には米食品スーパーであるホールフーズを買収し実店舗にも参入した。

 

小売以外にもオンラインストアでのシステム運用ノウハウを生かしたAWS(アマゾンウェブサービス)は急成長のクラウド市場でトップを走る。

 

またAmazonでの顧客の商品検索や購買履歴のデータを活用した広告事業も期待されています。

 

 

ミスターマーケット
AWSの売上は全社の10%程度の部門ですが、営業利益の7割を稼ぎ出しています。

 

 

amazon(AMZN)の業績と株主還元

 

ざっと業績もみていきましょう。

 

グラフをみて思うのが、低迷期を耐えることができた投資家は天才だと言うこと。

 

Amazonにもっと早く投資していたら・・・今頃はxxxxxドルに・・・との仮の話をたまに聞きますが、僕だったら2000年代にAMZNに投資していたとしても1株あたりの指標が悪化している2012年・2013年で手放してしまっているような気がします。

 

ミスターマーケットは株価の低迷ならまだしも、業績の低迷は耐える自信はないです。

 

ミスターマーケット

AMZNの決算はここ数四半期で利益を急速に伸ばしています。たとえば、18年の4-6月期はEPSを前期比12倍と大幅増です。

 

ネット通販売上は北米44%増、海外27%と好調です。さらに素晴らしいのが利益の柱となっているクラウドのAWSで、売上・営業利益とも49%増と驚きの数字です。

 

FANGが乗り越えなければいけない3つの試練

2019.01.09

 

<オススメ外部リンク>

以前オフ会でご一緒したSOSEKIさんは、なぜかヤケにamazonに詳しいです。記事をリンクを貼っておきます↓


ゆるふわリーマンの、よく生きるための投資術

 

 

amazon(AMZN)の株価

 

まずは、株価と保有株の推移です。以降のグラフは「投資ログ」で作成しています。

AMZN株価推移

上が株価で、下が為替の影響を加味したものです。

 

ミスターマーケットはちょうど1000ドルを超えた日にどうしてもAMZN株を保有したくなり投資しました。

 

それから5ヶ月間は1000ドル付近をウロウロしており、「きたきた、典型的なタカネツカミ〜」と思ったことも。

 

その後、上昇をはじめましたが、今度はもう少し買っておけばよかったと思いましたねw

 

ミスターマーケット
ミスマの心は移ろいやすいものですね。

 

 

amazon(AMZN)の配当金

 

次に配当金をみます。今回の配当金から。

AMZN配当金

・・・データはありません。そう、AMZNは無配当株です。

 

ミスターマーケットは投資の成果として配当金の成長も重視していますので、無配当というのは悲しいですが、資金を成長に注ぎ込むことがAMZNの強みです。しょうがありませんね。

 

ミスターマーケット
無配当株は、株主に資金を渡すよりも、事業に使ったほうが将来的に株主のためになると経営陣が判断しているとも考えられます。成長への自信だと思いましょう!

配当・無配当・自社株買い、投資家にとって1番良いのはどれ?

2018.05.19

 

 

amazon(AMZN)の投資損益

 

株価・配当を確認しました、次は投資損益推移をみていきます。

 

ドル建の投資損益です。

AMZN投資損益推移

上のグラフが金額で、下のグラフが%(パーセント)、青色が配当受取累計、水色が実現損益、黄色が評価損益、赤色が最終損益となっています。

 

そして、円換算後の投資損益です。

AMZNは、配当金がないため、キャピルタルゲイン(含み益)の黄色棒のみとなっています。

 

2017年5月に投資して数ヶ月は損益ギリギリのところをウロウロしていました。ですが、2017年秋以降は上昇トレンドに転じてスルスルと上昇。

 

そして、2018年2月の米長期金利上昇に伴う株安を押しのけて上昇していきました。

 

ミスターマーケット
直近は1株2000ドルを超え後に、急落。あのときはけっこうボロクソに言われましたが、現在はやや戻しています。

 

 

 

 

Amazonの競争優位はネットバブル崩壊でも巨額投資を続けたから!?

 

Amazonが全米に物流網を構築したのは2000年でした。しかし、この時のAmazonに試練が襲います。

 

同年4月のネットバブル崩壊です。翌年にはAmazonの株価も1株8ドルまで低迷します。

 

ネット企業に厳しい視線が向けられるなか、物流センターへの多額の投資を続け費用が膨らみ、多くの投資家から否定的な判断をされました。

 

ただ、ベゾスは投資家を無視して投資を続け、全米を網羅する物流網を構築します。

 

当時、全米に翌日・翌々日に確実に消費者に宅配できる企業はどこにもなかったため、消費者は早く商品を手に入れることができるAmazonを支持しました。

 

バブル崩壊で競争相手が低迷している間に、巨額の投資でAmazonは圧倒的競争力を手に入れたのです。

 

その後も事業から生まれるキャッシュを使い先行投資を続けていきます。実は、先ほど指摘した2012年の低迷も投資によるものです。

 

ミスターマーケット
こんな歴史のあるAmazonを信じて投資したなら多少の株価変動にビビってちゃダメだぞ。

 

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA