2020年6月の受取配当金を公開!マイクロソフト・マクド・カルビーから配当いただきました

5月期の配当推移
ミスターマーケット
6月は年間で1番に配当が大きい月です。

【投資KPI】僕は2つの評価基準で投資のモチベーションをあげています【配当と資産額】

2019年8月31日

 

では、さっそく2020年6月の配当をみていきましょう

 

まずは、6月期の受取配当金推移(直近5年)グラフです。
5月期の配当推移
6月の配当は前年に比べて減少しました。エフピコ・ロイヤルダッチシェルRDSBを売却した影響です。

 

それを除くと、増加傾向は変わっていないと考えています。追加投資も継続していますので来年には過去最高になるでしょう。

 

ミスターマーケット
コロナの影響で配当の減配や取り止めする企業もでているようですが、僕の保有銘柄ではありません。一安心です。

 

 

米国株・日本株の配当金推移

 

つぎは全体の配当金推移です。

上のグラフが月毎の受取配当金額、下がそれの12ヶ月平均です。

 

金額でいうと月あたり21,000円/月ほど配当金が入ってきているみたいです。

 

ミスターマーケット
時給1,000円で換算すると21時間分です。それが何もしなくても入ってくるのは素晴らしいですね。過去の僕からの贈り物です。

 

 

米国株の配当金推移

 

つぎは米国株の配当金だけを絞って推移をみてみます。

まずは、ドル建ての配当金です。
受取配当金(海外株・ドル)
銘柄毎受取配当金額ドル推移

 

次に円換算後の受取配当金です。
受取配当金(海外株・円換算)

銘柄毎受取配当金額円推移

右肩上がりの綺麗なグラフです(自己満)。

 

増配が期待できそうな株式も控えているので今後も右肩上がりになる予定です。

 

ちなみに、このグラフには源泉徴収後の受取配当金額を載せています。実際には確定申告で税金を還付させているのでもう少し多いです。

【2020年】米国株の税金・配当税は年収600万以下なら大幅に取り戻せる!?

2020年2月8日

 

ミスターマーケット
投資家のなかには確定申告でかなりの税金が戻ってくる人もいると思います。とくに、退職後の年収が小さくなったときはかなり有利です。

 

 

日本株の配当金推移

 

次は日本株の配当金です。
受取配当金(日本株)
日本株銘柄毎受取配当金額円推移

こちらは微増が続いています。

 

日本株に積極的に投資しているわけではないので今年も同様の着地ができたら満足です。

 

以前はショボかった日本株の株主還元ですが、最近はよくなってきています。

 

ミスターマーケット
コロナショックを理由に配当を取り止めなければ、株主還元がやっと根付いてきたと思って良い気がします。

 

動く市場・動かない配当

 

コロナで市場は大きく動いていますが、配当の世界は淡々としています。

 

受取配当金(海外株・ドル)

このグラフをみてコロナショックが起きているとは誰も思わないですよね・・・それが僕の投資に良い効果を与えています。

 

コロナショックで3月に急落したとき、まぁ、少しは追加投資できたわけですけど、そのときは「もっと下がっても、今の水準で配当を貰い続けらたらそれで良い」とポチっとできたからです。

 

それが僕の考える配当投資です。

 

僕の投資にとっては売買益も、配当があってこそなんですよねー。

 

つまらない、儲からない、とも言われますが、「動く市場・動かない配当」この両方が僕にとっては心地よいのです。

 

ミスターマーケット
よーし、来月も追加投資するぞ。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA