2020年6月末の資産ポートフォリオ公開!雲行き怪しくなるも・・・なんとかセーフ?

202006ポートフォリオ

 

ミスターマーケット
なんとかプラスで着地しました。

 

2020年5月末のポートフォリオ

 

では、さっそく5月末のポートフォリオをみていきます。

 

まずは、企業・金融商品別の比率と金額。
202006ポートフォリオ

 

そして、企業・金融商品別の金額です。

株式は全部で45銘柄、最も大きい銘柄は米国株のマイクロソフト(MSFT・ハイテク)の8.4%((1,902千円)、最も小さい銘柄はバフェットのバークシャーの0.5%(99千円)でした。

 

ミスターマーケット
相変わらずなかなかの企業群をコレクトできていると思います。(自己満)

 

 

銘柄ごとの1ヶ月の動き

 

次は、先月末からの変化に注目してみます。各銘柄毎の1ヶ月の金額の動きです。

6月は思ったより売買していたようです。

 

まずは、日本株の歯愛メディカルがダブルバガー近くまで上昇したので半分売却しました。あとは寝かせます。

 

あとは、米国株の追加投資です。MSCI、SPGIの投資金額を30万円程度に引き上げました。この2銘柄への投資はこれで満足です。

 

ミスターマーケット
ADPも少し買い増し。迷ったらマイクロソフトってことでMSFTも買い増ししました。

 

 

ポートフォリオのセクター割合

 

次はポートフォリオのセクター割合です。
ポートフォリオセクター比率

日本株はヘルスケア、米国株は情報技術が多くなっています。

 

ミスターマーケット
ちょっと海外比率が増えたので円高に備えて国内不動産を増やしたい気がします(が、狙ってるREITは高い)。

 

 

資産全体

 

資産全体の配分です。

資産の95%を株式投資に回しています。いちおう、手堅い企業をメインに投資しているつもりで、バランスをとっているつもりです。クレジットカード以外の借入はありません。

 

キャッシュがかなり小さいと思いますが、次の給料までの生活費があればあとはなんとかなるでしょうと考えています。問題発生すれば株式の売却・保険の解約で対応します。

 

 

米国株の推移

 

久しぶりに米国株の推移も公開します。

過去最高です。グラフには追加投資も含まれているので必ずしも投資成績が良いわけではないです。

 

ただ、コロナショックでもなんとか生き残れたみたいです(まだわからない?)

 

銘柄でいうと、ついにマイクロソフトがTOPになりました。新興SaaSも狙いたいけど、ついついマイクロソフトに投入してしまっています。結果も悪くはなかったと思っています。

 

ミスターマーケット
必ずしも未来に自信を持てる雰囲気ではないですが、近い将来は考えたってわからないです。僕にはまだまだ時間があります。10年20年後を見て、粛々と追加投資をして行くつもりです。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。