2020年8月の受取配当金を公開!スターバックス・PG・アップルから配当金

受取配当金(海外株・ドル)
ミスターマーケット
資産額は大きく上がった。配当は?

【投資KPI】僕は2つの評価基準で投資のモチベーションをあげています【配当と資産額】

2019年8月31日

 

では、さっそく2020年8月の配当をみていきましょう

 

まずは、8月期の受取配当金推移(直近5年)グラフです。

2020年08月直近5年配当金

8月の配当は前年に比べて増加しました。既存保有銘柄の増配効果が大きいです。

 

ミスターマーケット
(ナショナルグリッドを無視すると)緩やかですが増加傾向が続いています。

 

 

米国株・日本株の配当金推移

 

つぎは全体の配当金推移です。

上のグラフが月毎の受取配当金額、下がそれの12ヶ月平均です。

 

過去最高になっています。月2万円超です。

 

ミスターマーケット
時給1,000円で換算すると20時間分です。それが何もしなくても入ってくるのは素晴らしいですね。過去の僕からの贈り物です。

 

 

米国株の配当金推移

 

つぎは米国株の配当金だけを絞って推移をみてみます。

まずは、ドル建ての配当金です。

受取配当金(海外株・ドル)

 

次に円換算後の受取配当金です。

受取配当金(海外株・円換算)

米国株は今年も過去最高の配当金になるはずですが、どうでしょうか。

 

普通に投資をしていれば、既存株の増配や、買い増し効果でクリアできるはずですが、毎年この時期になるとドキドキしてしまいます。

 

特に円高傾向にありますで、円換算後の配当金は微妙かもしれません。

 

ミスターマーケット
株価が割高ですので、投資してもなかなか配当が増えなくなっていますね。かと言って配当目的だけに銘柄を決めるわけにもいきませんし、悩ましいです。

 

 

日本株の配当金推移

 

次は日本株の配当金です。
受取配当金(日本株)

日本株は積極的に投資をしていないので、横ばいを予想しています。

 

コロナの影響で外食のブロンコビリーや新規投資した良品計画の配当金が減配、ほかにも増配がなかったりしていますので前年よりも少なくなるかもしれません。

 

プラスになったらラッキーって感じですね。

 

ミスターマーケット
株価は順調ですが、調子にのらないで、マイペースを続けていこうと思います。

 

 

配当カレンダー

 

2020年の配当を簡単に予想してみました。

緑マスは2020年の配当実績配当、青マスは2019年の実績です。

 

かなりざっくりとした予想ですが、2019年はおよそ245千円に対して、2020年は249千円となりました。

 

ミスターマーケット
今年もんとか過去最高の配当を更新できそうです。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA