国際商品・金融先物取引所グループ【CME】株価・配当とも横ばい

CME
ミスターマーケット
相場が荒れると株価が上がりやすいと聞いて興味を持ちました。
本記事はCMEへの投資を感じていただけることを目指しています。今後も内容更新していく予定です。 
pixabay

僕しか提供できないのは僕の投資の過去。だから「投資の実際」を更新し続ける。

2020年3月15日

 

 

CMEとは?

 

CMEグループは商品・金融先物取引所を営む。CMEはシカゴ・マーカンタイル取引所Chicago Mercantile Exchangeの頭文字。

 

1851年、シカゴで先物取引所を創設し、商品先物をはじめた。1972年、業界初の金融先物・外国通貨先物取引を7通貨で開始。1982年、株価指数先物としてCME S&P500指数先物を開発。1999年に天候先物を初上場するなど取扱商品の幅を増やしてきた。

 

現在は、金利、株価指数、外国為替、エネルギー、農産物、仮想通貨、金属ベースの先物とオプションなどの商品を提供する。

 

また、CMEは非営利組織であったが2002年に上場。その後、2007年にシカゴ商品取引所(CBOT)を、2008年ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)およびニューヨーク商品取引所(COMEX・NYMEX傘下)を、2012年カンザスシティー商品取引所を買収している。

 

CMEグループ概略

 

 

CMEの業績と株主還元

 

ざっと業績と株主還元からみていきましょう。
CME 売上・利益

綺麗な右肩あがりに見えます。そのとき、そのときに話題な商品を、金融オプション化して幅を増やしています。

 

CMEの大きなイベント
  • 2021年 米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)でビットコインを0.1BTC単位で取り扱えるマイクロビットコイン先物を上場

 

ミスターマーケット
さて、講釈はこれぐらいにして、僕のCMEへの投資をみてみましょう。

 

 

CMEの株価と投資金額

 

まずは、株価と投資金額から。CME 株価・投資金額$グラフ

CME 株価・為替¥グラフ

上が株価(ドル)と投資金額、下が株価(円換算)の為替です。投資した2021年2月からのチャートになります。

 

CMEへの投資は、相場が荒れている時に株価が上がりやすい傾向があると噂を聞いて実際に試してみたいと思ったのがきっかけです。

 

ミスターマーケット
相場が暴落している時に光ってる株があると精神的に楽ですしね\(^ω^)/

 

 

CMEの配当金

 

直近の受取配当金です。

  • 1株あたり配当金は0.9ドル
  • 配当利回りはおよそ1.70%(株価209.04・税引前)
  • 配当月は1月・4月・7月・10月

 

次に受取配当金の推移です。

CME 配当受取金額グラフ
ミスターマーケット
まだ1回目の配当です。楽しみですね。

 

 

CMEの投資損益

 

株価・配当を確認しました、次は投資損益推移をみていきます。

 

ドル建の投資損益です。
CME 投資損益$グラフ

CME 投資損益$%グラフ

上のグラフが金額で、下のグラフが%(パーセント)、青が累積配当受取金額、緑が売買損益、ピンクが評価損益、赤線がトータルリターンとなっています。

 

そして、円換算後の投資損益です。
CME 投資損益¥グラフ

CME 投資損益¥%グラフ

 

ミスターマーケット
投資はじめて数ヶ月。まだまだ様子見ですね。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。