ワイドモートとは?長期投資するなら絶対に頭に入れて欲しい言葉

ワイドモート
ミスターマーケット
どうも、日米株投資家のミスターマーケットです。

今回は企業が継続的に利益を創出できるか判断するためのワイドモートという考え方について紹介します。

 

 

ワイドモートとは?

 

ワイドモート(wide moat)とは、直訳すると広い堀で、お城の周りの堀のことです。

 

城の周りに張り巡らされた堀(moat)が広ければ広いほど、城を落とすことができないという意味です。

 

これをビジネスの世界にあてはめると、城がビジネスになり、モート(堀)は他社からビジネスを守る参入障壁になります。

 

高い参入障壁を持っているワイドモート企業は競争に巻き込まれることが少ないため継続的に稼ぎ続けることができるのです。

 

ワイドモート企業というのは、下の写真のように、もし敵が攻めてきても安全な城から投石器をつかって相手をペチャンコにしてしまいます。(というか、ペチャンコにされそうだからビビっ攻めてこないのが本当のワイドモートです)。

ミスターマーケット
僕が一時期ハマっていたシミュレーションゲーム「ストロングホールド2」の画面です。城を築いて守るゲーム。

 

 

一時的に儲かっていてもすぐにマネをされるビジネスはダメ

 

逆に、どれほど儲かるビジネスだとしても他社が参入(マネを)しやすいビジネスはダメです。

 

他社が参入してくると、最終的には価格競争に陥り、儲からないビジネスになるからです。

 

つまり、参入障壁が低いビジネスとは継続的に稼ぎ続けることができないのです。

 

このようなビジネスに長期投資すると痛い目にあいます。

 

ですので、投資の神様バフェットも「ワイドモート企業に投資しろ」と口を酸っぱくしてお説教をたれています。

 

ミスターマーケット
ちなみに、儲かるビジネスだから他社が参入してくるわけです。逆に言えば、儲からないビジネスというのも参入障壁だったりします。

ですので、新たに参入する企業が少ない衰退産業なんかも意外とビジネスとしては美味しかったりします。線香・ロウソクとかね

競争なんかしちゃダメ!長期投資家が競争型企業を避けるべき3つの理由

2018.09.06

 

 

ビジネスでのワイドモートの例

 

そして、ビジネスでいうワイドモートというのは、

 

  • 事業規模が超巨大であったり(他社が一からつくれない)、
  • シェアが圧倒的であったり(圧倒的すぎる)、
  • 高い(馴染みのある)ブランド力であったり、
  • ネットワーク外部性が高い(みんなLineしているからLineする)
  • 乗り換えコストが高い(エクセルわかるけど、ほかのソフトは一から勉強せなあかん!)

 

なことを言います。

 

上のような条件を持っている企業のビジネスは他社が簡単にマネできません。

 

ですので、激しい競争が巻き込まれにくく継続的に稼ぐことができるのです

 

独占企業ですね。

 

ちなみに、経営学者のドラッカーも「利益とは差別化された貢献である」と、言っています。つまり、「他がマネできないこと=差別化」が利益をもたらしますよってね。

 

ミスターマーケット
長期投資は企業の利益に着目した投資です。

 

長期投資家なら継続的に稼げるか判断できるワイドモートの考え方を頭に入れておいて損はないでしょう。

 

関連記事

日本株のバフェット銘柄?カルビーの意外なワイドモート(深い堀)

2017.11.28

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA