NASDAQ指数(ナスダック)とは?構成銘柄・ダウやSP500との違いを解説!

ミスターマーケット

どうも、日米株投資家のミスターマーケットです。

 

今回はNASDAQ指数について調べてみます。

 

NYダウやS&P500と並ぶ米国株式市場を代表するNASDAQ指数とは一体どのようなものなのか。特徴や構成銘柄を解説します。

 

 

そもそもNASDAQとは??

 

そもそもNASDAQ(ナスダック)とは1971年に開設された米国の株式市場のことです。

 

世界初の電子株式市場として出発し、コンピューターシステムのみの証券取引市場であることから注目を浴び、ハイテク産業などを中心に上場誘致に成功しました。

 

NASDAQは中小企業やハイテク産業など主にベンチャー向けの新興市場としての位置づけられているのが特徴です。

 

ミスターマーケット
一方で、18世紀末に誕生した歴史あるニューヨーク証券取引所には昔ながらの大企業が上場しているのとが多いです。

 

 

NASDAQ総合指数

 

ナスダックには上場している全銘柄を時価総額加重平均法で算出した指数、「NASDAQ総合指数」があります。

 

ナスダック上場企業は新興企業やハイテク・IT関連株が多いことから新興市場やハイテク・IT株の動向を表す重要な指数として、NYダウ工業指数やS&P 500と並ぶ米国を代表する株式指数になっています。

 

NASDAQ100指数

 

ナスダックにはもう1つ重要な指標として、ナスダック100指数があります。

 

ナスダックに上場する金融銘柄を除く時価総額上位100銘柄で構成された指数です。

 

日本の米国株投資家のなかでも人気のハイテク海外ETFである「QQQ」のベンチマークにもなっていますので、詳しく見てみましょう。

 

ナスダック100指数の構成銘柄TOP30は以下のとおりになっています。

ナスダック100指数構成銘柄TOP30

1位のアップルが10%超え、そしてアマゾン・マイクロソフトが9%台、グーグルが8%と続きます。まさに今をトキメクハイテク銘柄のオンパレードです。

 

ちなみに、19位にはコストコ、21位にはスターバックスなど、28位にはモンデリーゼインターナショナルもあります。

 

NASDAQ市場がハイテクセクター以外の新興市場でもあることがわかります。

 

 

次にナスダック100指数のセクター比率です。

ナスダック100指数セクター比率

情報技術セクターが60%が占めます。まさにナスダック100指数はハイテク・IT銘柄の動向を表す指数の性格が強いことがわかります。

 

 

ダウ平均株価やS&P500との違い

 

ダウ平均株価やS&P500の違いとしてまずあげられるのが、ナスダック指数はNASDAQに上場している銘柄で構成される指数であることです。

 

一方でダウ平均株価やS&P500はどこに上場していようが問題ありません。

 

また、ナスダック指数の面白いところはNASDAQに上場しているなら海外企業も指数に組み込まれることです。

 

NASDAQ指数は世界の新興市場のベンチマークともいえる存在なのです。

 

ミスターマーケット
ちなみに、ダウ平均株価も以前はニューヨーク取引所に上場されている銘柄のみで構成されていました。

 

しかし1999年にマイクロソフト・インテルがNASDAQ銘柄として採用され、現在はアップル・シスコを加えた4銘柄となっています。

 

【2018】NYダウ平均株価の中身を解説!構成銘柄や配当利回り、増配年数も!

2018.03.28

バフェットも絶賛したS&P500とは?構成銘柄やNYダウとの違いを解説!

2018.03.23

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。