S&P500やNYダウなども保有する格付会社S&Pグローバル【SPGI】株価は過去最高水準

SPGI

 

ミスターマーケット
S&PグローバルはS&P500やNYダウなども算出している、米国株投資家には身近な企業です!

 

 

S&Pグローバル(SPGI)とは?

 

S&Pグローバル(SPGI)は金融サービス会社です。以下の4つの事業を行っています。

 

  1. Ratings:発行体の信用リスクなど格付事業
  2. Market Inteligence:金融分析や財務データの投資サービス事業
  3. Platts:コモディティ(商品)マーケットの市況情報を提供
  4. Indices:インデックス算出事業

 

それぞれの事業規模は以下のとおりです。

SPGIの4つの事業

 

主力の格付事業は、債券を発行する際に、発行体が元本や利息を支払えなくなる信用リスクを定量化するビジネスです。

 

一般的な投資家にとって債券それぞれを分析することはコストに合わないため、格付会社がAAAなど格付(信用リスクの目安)を付与することで円滑な債券市場を実現しています。

 

ムーディーズとスタンダードプアーズ(S&P)、フィッチの3社が強く、格付は実績データの蓄積によって信用リスクが比較されるため、パッと出の新興企業の新規参入が難しいと思われる。

 

ミスターマーケット
S&Pグローバルは現在の金融市場になくてはならない企業です。

 

バフェットも絶賛したS&P500とは?構成銘柄やNYダウとの違いを解説!

2019年6月23日

【2019】NYダウ平均とは?ダウ工業株30種の構成銘柄比率・配当利回り・増配年数

2019年2月17日

 

 

S&Pグローバル(SPGI)の業績

 

次は業績をみていきましょう。
SPGI業績

SPGI1株指標 SPGI株式還元

事業売却やサブプライムローンの和解金などが発生した以外では安定した収益を稼いでいます。

 

2008年に起きたサブプライムローン問題の元凶として格付会社は逆風に立たされましたが、結局は金融市場にはなくてはならない存在としての印象が強くなりました。

 

配当金は少ないですが、継続的に自社株買いを実施しており、株主還元としても優秀です。

 

ミスターマーケット
さて、講釈はこれぐらいにして、僕のSPGIへの投資をみてみましょう。

 

(継続的な収益が期待できるビジネスモデルだよって資料)

 

S&Pグローバル(SPGI)の株価と保有株推移

 

まずは、株価と保有株の推移です。以降のグラフは「投資ログ」で作成しています。

S&Pグローバル(SPGI)株価推移

 

ミスターマーケット
SBI証券の米国株最低取引手数料が撤廃されたことにより数万円からのスタートになりました。現在は10万円の投資です。今後は様子をみながら30万程度まで買い増しして行きたいです。

 

 

S&Pグローバル(SPGI)の配当金

 

次に配当金をみます。今回の配当金から。
S&Pグローバル(SPGI)配当金

 

  • 1株あたり配当金は0.57ドル
  • 配当利回りはおよそ0.84%(株価273.05・税引前)
  • 配当月は3月・6月・9月・12月

 

次は配当受取金額の推移です。
S&Pグローバル(SPGI)配当金推移

上のグラフがドル建の配当金推移、下のグラフが円換算後の配当金推移になっています。

 

ミスターマーケット
まだ2回目。配当金額は小さいですが、毎年増配していますので今後に期待です。

 

 

S&Pグローバル(SPGI)の投資損益

 

株価・配当を確認しました、次は投資損益推移をみていきます。S&Pグローバル(SPGI)投資損益

ドル建の投資損益です。

 

上のグラフが金額で、下のグラフが%(パーセント)、青色が配当受取累計、水色が実現損益、黄色が評価損益、赤色が最終損益となっています。

 

そして、円換算後の投資損益です。
S&Pグローバル(SPGI)投資損益

 

ミスターマーケット
まだ半年です。気長に様子をみていきたいと思います。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

 

S&Pグローバル投資家向けサイト

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。