配当集計講座1-1 配当データを簡単に入力のためのフォームを作ろう

ども

ミスターマーケットです。

今回はMr.マーケットがどうやって配当の集計をしているかを紹介します。

目標は「(証券会社から届いた)配当の情報を入力だけでグラフの更新までできるようにする」です。googleスプレッドシートを利用しますが、基本はエクセルでも同じことができます(フォーム機能はあるかわかりません)。

丁寧に説明するつもりですが、わからないとこがあれば、コメントいただけたら、できる限り訂正します。またMr.マーケットは公式に表計算ソフトを教わったことがないため、力技的な部分もあるとは思いますが、ご容赦ください。なお、レベルは「ピボットテーブルの利用」です。ご存知の方はあまり役にたたない記事です。ごめんなさい。また知らない方は、知っておくと有益な情報だと思います。配当の集計以外にもいろいろと利用できると思いますので、初めは「?」だとは思いますが、やってみることをオススメします。

さーて、はじめます。

まずは

【1-1-1:パソコン起動】

PCを立ち上げます。そうです。

スマホユーザーのみなさんごめんなさい。

【1-1-2:Googleへ】

次にGoogleのページを開きます!

【1-1-3:Googleドライブへ】

Googleドライブへ行きます!

①の■みたいなとこをポチ。

②の△みたいなとこをポチ。

Googleドライブです。

【4フォルダを作る】

わかりやすいようにフォルダをつくります!

①「新規」をポチっ。

②「新しいフォルダ」をポチっ。

③わかりやすい名前を入力っ。

④「作成」をポチっ。

フォルダができました。

ダブルクリックでフォルダの中に入ります。

【1-1-5:Googleフォームをつくる】

いよいよ。

ここからが本番です。

①「新規」をポチっ。

②「その他」を経由して

③「Googleフォーム」をポチっ。

そしたら

こんな画面がでてきます。

Googleフォームといって、

配当を入力する画面です。

ここにポチョポチョと入力するだけで

グラフが更新されます。

大切なところですよ!

【1-1-6:Googleフォームのタイトルをつける】

入力するときにわかりやすいよう

に作成します。

まずは

①「無題のフォーム」らへんを

クリックしてタイトルをつけます。

そして左上な

②「無題のフォーム」をクリック

(自動で先ほどの①タイトルに変わる)

(変わらない場合は名前をつけてください)

できました。

【1-1-7:Googleフォームの中身をつくる】

ここから一気にいきますよ!

①説明

②質問

③回答選択肢

を入力します。

(この1ページ目で「国内」か「海外」か

を判別します。)

次に

④のハンバーガーみたいなマークを

ポチっ。

(セクションが分かれて

入力の際にページが分かれます。)

次は国内株の配当を入力する画面です。

ここで大切なのは証券会社からの配当金の情報を「そのまま」入れることです。銘柄名は間違えると集計できなくなるので、銘柄コード数字で入れることをオススメします。

私、Mr.マーケットはSBI証券を利用していますので

上の全ての情報を入力できるようにします。

質問のタイプは基本は記述式で入力します。

(↓にMr.マーケットの例があります)

お支払日などは日付のほうが楽かもしれません。

銘柄コード-記述式

お支払日-日付

配当単価(円)-記述式

数量(株・口数)-記述式

配当金額(税引前)(円)-記述式

所得税-記述式

地方税-記述式

端数処理代金(円)-記述式

お受取金額(円)-記述式

以上の質問を完成させたら、

先ほどのようにセクションを追加して

ページをわけます。

こんな感じになります!

次は海外株のページです。

もちろん海外も証券会社からの配当情報を全て入力します。

多いですが、全て入力したほうがあとあと役に立ちます。

オススメです。

配当等支払日-日付

国内支払日-日付

現地基準日-日付

銘柄コード(例KO)-記述式

分配通貨-ラジオ

外国源泉税率(%)-ラジオ

1単位あたり金額-記述式

決済方法-ラジオ

円価決済レート-記述式

口座区分-ラジオ

勘定設定年-ラジオ

備考-記述式

数量-記述式

配当金等金額-記述式

外国源泉徴収税額-記述式

外国手数料-記述式

外国清算金額(外貨)-記述式

国内源泉徴収税額(外貨)-記述式

国内手数料(外貨)-記述式

消費税(外貨)-記述式

受取金額(外貨)-記述式

外国清算金額(円価)-記述式

国内源泉徴収税額(円価)-記述式

国内手数料(円価)-記述式

消費税((円価)-記述式

受取金額(円価)-記述式

セクション追加

申告レート基準日-日付

申告レート-記述式

為替レート基準日-日付

為替レート-記述式

配当金等金額(円)-記述式

外国源泉徴収税額(円)-記述式

国内課税所得額(円)-記述式

所得税(外貨)-記述式

地方税(外貨)-記述式

国内源泉徴収税額(外貨)-記述式

所得税(円価)-記述式

地方税(円価)-記述式

国内源泉徴収税額(円価)-記述式

 ↓のようになります!

海外株は項目が多く、

入力が大変なので途中で

セクションを分けましょう。

お疲れ様です。

これで入力画面は完成しました!

次は処理画面にいきます。休憩しましょう。

というか、説明を記事にするのは大変ですね。

↓ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

ミスターマーケットの本日のノイズでした。
今後ともよろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
↑あなたの応援が励みになります↑
いつもありがとうございます
( ・`ー・´) + キリッ

SPONSORED LINK

☆★☆こんな記事も読まれています☆★☆

 
ミスターマーケット
お時間いただきありがとうございました。下記のコンテンツも人気です。  
よろしければ再度のご訪問お待ちしています。
Twitter Feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

mrmarket

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。