【配当貴族銘柄・MKC】調味料大手マコーミックを打診買い

どうも
ミスターマーケットです。

ついにボーナスが支給されました

 

先月後半に勤務先でもボーナスが支給されました(拍手)。みなさんのボーナス記事を横目で見ながら、そしてNYが高値になるなか、非常に長い長い道のりでした!

ということでボーナス資金をさっそく投資にまわしました。投資先はいろいろと悩みましたが、米国株のマコーミックにしました。

マコーミックとは?

マコーミックMcCormickは米国の世界最大のスパイスメーカです。米国はもちろん、欧州・中南米・アフリカ・インド・中国・東南アジアなど世界各地で展開をしています。北米はもちろん、イギリス・フランスでも3割から5割と高いシェアを持っています。

 

魅力的なところは?

 

まずは商品が香辛料・調味料という点です。香辛料や調味料は「人が料理を楽しむ限り、必要とする商品」だと思いました。さらに、現在の途上国が豊かになるにつれて、香辛料や調味料はより使われるようになることが期待できます。私、Mr.マーケットも簡単な料理をします。香辛料や調味料によって料理の味は本当に変化します。そして、1度その商品に満足するとなかなか他の商品には浮気はしません。いつもと違うものを購入して、失敗すると、苦労した甲斐無く美味しくないものを食べなければいけないからです。手堅く投資するには十分すぎる商品だと思います。

次に、世界最大手という点です。途上国が豊かになるにつれて、香辛料や調味料がより使われるようになったときに、もっとも恩恵を受けるのは世界最大手の企業です。すでに世界中に商品を提供しているアドバンデージは非常に強いものがあると思います。一方で、地域ごとにいろいろな料理があり、地域ごとに地場の香辛料や調味料があると思います。そして必ず地場メーカもいるとは思いますが、マコーミックは過去にも地場メーカを買収してきた実績経験があります。そして強いビジネスと財務体質があります。M&Aを繰り返しながら、大きくなっていくことが期待できます。

最後に株主に対する姿勢です。マコーミックは31年連続増配をしています。それでも配当利回りが2%ですが、それだけ株価があがっているということです。日本メーカーにも味の素やカゴメ、エスビー食品など調味料を扱う会社はありますが、配当利回りは1%前後と株主に対する姿勢は全く違います。Mr.マーケットは配当をできるだけ増やしたいと思っています。そのなかで為替リスクがあるとしてもマコーミックのほうが今の日本企業よりも魅力的に感じます。

 

業績は?

 


損益です。売上は順調に拡大しています。グラフからは利益の伸びは感じることはできませんが、安定的です。


1株当たり利益は順調に増加しています。31年増配しているにも関わらず配当性向は50%とまだまだ増配が続きそうです。


キャッシュフローグラフです。フリーキャッシュフローは安定的に伸びています。Good!!


フリーキャッシュフローと配当総額を比較したものです。こちらからもまだまだ配当余力があることがわかります。

実は最近までマコーミックを知らなかった

 

Mr.マーケットはできるだけ自分が使っている商品を扱う会社に投資をしたいと思っています。自分が投資している会社の商品を使うことで長い間持つストレスを解消してくれるからです。特に株価が低迷しているときは商品が身近にあると、保有のストレスは大きく違います。しかし、Mr.マーケットは実は最近までマコーミックの名前を聞いたことありませんでした。そこでキッチンを探したところ…

なんと…ミル付きブラックペーッパーを使っていました!これ、ミル付きで手軽に胡椒を挽くことができてお気に入りなんです。知らず知らずですが、マコーミック商品を利用していたことで購入する決心がつきました。さすが、世界最大手です。(日本ではユウキ食品という会社がマコーミックのブランドを使っているみたいです)

 

配当利回りは2%と間違っても割安とは言えませんが、いい会社をそれなりの値段で購入したほうがストレスが小さいので良しとします。打診買いですので、少し下がれば、さらに買い増しの予定です。

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。
今後ともよろしくお願いします。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。