【誰得?ランキング】ミスターマーケット投資先企業評価額ランキング6位〜10位

どうも。ミスターマーケット(@mrmarket_japan)。

 

保有会社を評価額ランキング1から5位です。今回は6位から10位を紹介します。(評価額は2017年10月4日現在)。1位から5位はまさしく大手企業でしたが、少しユニークな企業もチラチラみえてきます。

 

6位マニー 817,800円(6.4%)

 

マニー
マニーは医科と歯科の医療機器メーカーです。医科を手術用縫合針・眼科ナイフ・スキンステイプラー・針付縫合糸等の微小手術機器を、歯科においてはファイルなどの根管治療機器やダイヤバー等の切削研削研磨刃機器を提供しています。

 

ミスターマーケット
ミスターマーケットのマニーへの投資はポーター賞サイトでマニーの存在をしったことがきっかけです。ニッチ分野であるものの、高シェアを獲得しているということから投資しました。当時、ミスターマーケットはヘルスケア分野への投資に味をしめており(テルモ株)、同分野でニッチというのが投資の決め手になりました。以前は国内生産が主力でしたが、生産の海外移管がかなり進んでいます。

 

7位Johnson & Johnson 743,921円(5.9%)

 

JNJ
Johnson & Johnsonは世界中で医療に関する各種商品を提供しています。ヘルスケア分野の覇者。日本の消費者向けではバンドエイドやリステリン・コンタクトのアキュビューが有名。

 

ミスターマーケット
Johnson & Johnsonへの投資も一時期ヘルスケア分野がマイブームだったことと、ヘルスケア世界最大手であったことから投資しました。シスメックスやマニーとは違い広範囲の分野で強い競争力を持っています。ミスターマーケットのなかでもっと買っておけばよかった銘柄No1はこのJohnson & Johnsonです。あと、記憶は不確かですけど、実は6位マニーの最大のライバルだったはずです(もちろんマニーが活躍するニッチ分野でですけど)。

 

8位PepsiCo, Inc 614,565円(4.8%)

 

PFP
PepsiCo, Incの代表的な商品といえば、日本ではペプシコーラですが、世界ではスナック菓子でも有名です。国内スナック菓子最大手カルビーの株式20%を握る筆頭株主でもあります。

 

ミスターマーケット
PepsiCo, Incへの投資は海外旅行中に食べた同社のお菓子がきっかけ。おいしい…どこのメーカー?と見たらペプシ社でした。当時、ミスターマーケットはペプシコといえば、コカコーラの後塵をはいしている飲料メーカーというイメージだったのですが、世界大手の菓子メーカとし一気に投資候補にあがり、その後、投資しました。

 

9位Starbucks 608,Corporation 614,089円(4.8%)

 

SBUX
Starbucks Corporationは高いブランド力で世界的規模のコーヒーショップ店展開を成功させた。日本ではスタバという愛称で呼ばれる。自宅・職場以外の自分の居場所、いわゆるサードプレイスを提供しているとも言われる。

 

ミスターマーケット
田舎者のミスターマーケットにとってStarbucks Corporationといえば、憧れの存在でした。2010年頃に一時期停滞しており、ボロ株扱いでした。憧れのブランドがこの価格で購入できるのかと思い、購入しました。旅行先で現地疲れしたときは思わず、入ってしまう、そんな存在です。

 

10位ブロンコビリー 530,600円(4.2%)

 

ブロンコ
ブロンコビリーは名古屋を中心にステーキチャーンを展開している。豪華なサラダバーや種類が豊富なドリンクバーが有名。近年は首都圏や関西にも店舗網をひろげようとしている。

 

ミスターマーケット
ブロンコビリーはミスターマーケット唯一の自分で発見した目利き株。肉うまー!サラダバー豊富!ドリンクバー楽しい!と常連になり(サラダバーにあったサラミや、肉につける岩塩が最高だった)、東証上場をきっかけに株式を購入。2回の株式分割を行うなど田舎企業のわりに株主フレンドリー企業である。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。