2020年3月の受取配当金を公開!マイクロソフト・マクド・ジョンジョンから配当いただきました

2020年3月配当金額

 

ミスターマーケット
今年は配当金だ!配当金!配当金!

 

配当を増加させるチャンスの年だ!

 

 

では、さっそく2020年3月の配当をみていきましょう

 

まずは、3月期の直近5年分の配当金推移グラフ。

2020年3月配当金額

増加しました。

 

マイクロソフトMSFTへの追加投資と多くの株式が増配してくれたおかげです。

 

ミスターマーケット
コロナに資産額は削られましたが、配当金は順調です。

 

 

米国株・日本株の配当金推移

 

次は全体の配当金推移です。

配当推移

上のグラフが月毎の受取配当金額、下がそれの12ヶ月平均です。

 

僕は資産評価額とともに、受取配当金額も投資KPI(評価基準)にしています。

 

コロナショックでドン引きしてしまって、株式投資が不安になってきた・・・って投資家さん、いそうですけど、その1つの原因が値動きばかりみてるからだと思います。

 

株式は上がるときもあれば、下がるときもあります。株価だけみてたらそうなりますよ。

 

そんな投資家さんには投資KPIに受取配当金を加えるのをオススメします。

 

値動きを追う投資から距離をおけるので、もしかしたら、解決の1つになるかもしれません。

 

(ただし、素晴らしい企業に投資をするのが大切です。配当金は利益あってこそですからね。)

 

あと、毎月受け取れるお金を増やしたい。これを追加投資のモチベーションにしてるのです。

 

これがけっこう僕にしっくりきています。

【投資KPI】僕は2つの評価基準で投資のモチベーションをあげています【配当と資産額】

2019年8月31日

 

ミスターマーケット
2019年は配当金の伸びがほぼ横ばいでした。資産の組み換えが終わったので、2020年から増加基調になると期待しています。

 

 

海外株の配当金推移

 

つぎに海外株の配当金だけを絞って推移をみてみます。

受取配当金(海外株・ドル)受取配当金(海外株・円換算後)

上がドル建ての配当金、下が円換算の配当金になります。

 

コロナの影響で配当を取りやめる企業があるみたいですが、ぼくの投資先ではあまり想定していないです。生活必需品やビジネス必需品、ヘルスケアなど需要が減少しにくい企業に投資しているためです(期待)。

 

ミスターマーケット
綺麗なグラフになっています。コロナの逆風が吹いていますが、配当のグラフは今年も過去最高を更新したいです。

 

 

日本株の配当金推移

 

次は日本株の配当金です。
2020年3月配当金推移日本株

2020年の予定として日本プロロジスリートからの分配金が通年で受け取れるようになるのがプラスに働くはずです。

 

ミスターマーケット
コロナショックのなかでも強い値動きをみせていたエフピコを売却してほかの日本株に投資してみました。

 

新しい投資先の配当利回りはエフピコよりも高いのでうまくいけば日本株の配当も久しぶりに伸びるかもしれません。

 

 

配当金カレンダー

 

2020年の配当金カレンダー(予定)です。

2019年と2020年の実績を組み合わせただけのものです(雑)。

 

(ちょっと小さくて見づらいですが、じぶん用ですのでご容赦ください)

 

ミスターマーケット
厳しい相場が続いていますが、カレンダーをみながら配当金を受け取り、年末頃には、株価も爆上げしていた、そんな2020年になったらいいですね!

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA