Mr.マーケットがiDeCoに一歩踏み込ない理由

どうも
ミスターマーケットです。

iDeCoしてますか?
私、Mr.マーケットはまだしていません。

本日はMr.マーケットがiDeCoにあと1歩が踏み出せない理由です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは年金のために毎月積立を行う制度です。

メリットは積立額全額が所得控除となり所得税や住民税が安くなります。具体的には年末調整が増えたり、毎月給料から天引きされている地方住民税が安くなります。また、積立期間の運用益に対して税金をかかりません。また、受取時にも税金が軽減されます。

一方、デメリットとして、老後のために積立をするため、早くても60歳以降でなければ受取ことができません。

国が「公的年金では足りないので、できる人は自分で積立してくださいね。」という制度だと思っています。一般的な会社員の場合、毎月給料から天引きされている厚生年金の保険料は全て所得から控除されていますが、新たに任意の部分を追加したというわけです。そして、任意部分の運用は本人が責任を持つということです。

iDeCo は普通に個別株やインデックス投資で運用するよりも、運用の面からはすごく有利です。掛け金が所得から天引きされ、運用益も非課税で、受取時にも税の優遇を受けれるためです。もし、「老後のために」の運用であれば早く加入したほうがいいと思います。しかし、Mr.マーケットはあと一歩、加入に踏み切れません。

その理由は「60歳まで引き落とせないから」です。この60歳というのがすごく長いのです。長すぎるのです。Mr.マーケットは30代ですので、今日積立を行ったとしても、受け取る時は20年以上先の話です。

20年ですよ笑。むっちゃくちゃ長いです。

例えば、もし、住居を購入したら、その積立資金は使えません。もちろん、そのぶん住宅ローンが増えます。住宅ローン減税の恩恵で税金が免除される場合はiDeCoの所得控除が受けれなくなる可能性もあります。もし、途中で死亡した場合は全く受け取れません(遺族へ行きます)。

いや、住宅ローンや、死亡した場合がなくても、20年間は長すぎます。私、Mr.マーケットにとっては老後なんて先の先の話です。引き出すことができないお金なんかなんの価値もありません。もちろん、いま現在、株式で運用している資金を引き出すか、と言われれば引き出すつもりはありません。しかし、しかし、何があっても引き出すことが不可能というは大変抵抗があります。

例えば、少額からスタートすることもできますが、最低でも月150円程度の手数料が発生します。月1000円で始めた場合は初めの1年はけっこう手数料の割合が高くなってしまいます。(あっ、すごくケチな話をしてますのわかってますよ笑)。しかし、しかし、積み立てるならある程度欲しいんです。

そして、本音を言えば、米国株や日本株の個別株への投資資金を確保したいという気持ちもあります。有利なことはわかっている け ど も 。。。やっぱ、個別株に投資するのは楽しいんですよね。「この企業はこうやって儲けたいるのか!」って驚きや、「自分が投資した(狙った)企業が年々業績を伸ばしていくときの嬉しさ、口座にチャリ〜ンチャリーンと入って来る配当金←

いずれ、私、Mr.マーケットもiDeCoに入るときが来ると思います。40歳か、45歳か、50歳はわかりませんが入ると思います。そのときは、個別株に飽きたときか、老後が現実になったときか、それとも、お金の使い道に困ったときか‥。

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

今後ともよろしくお願いします。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。