仮想通貨並みの大暴落(▲60%)が米国株にもやってくる!?

 

どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

今回は、たびたび登場する(ブラック)ミスターマーケットの脅し記事です。

 

仮想通貨の暴落を他人事だと思っていると、痛い目にあうかもよってそんな話です。

 

さぁ、早速、行ってみましょう!

 

 

仮想通貨ビットコインが最高値から▲60%の暴落!

 

仮想通貨ビットコインの連日の下落が止まりません。

 

この記事を書いている2018年2月2日のビットコインの価格は873,732円/BTCと、昨年2017年12月17日につけた最高値の2,254,415円/BTCから60%を超える下げになっています!

 

 

ミスターマーケットは手堅い銘柄を好む株式投資家ですので、仮想通貨をされている方に「ほら、あんなモノに手をだしてwww」と煽るのもいいのですが、少し面白い数字をみつけたのでそちらを紹介して、少し教訓めいたことを伝えたいと思います。

 

 

リーマンショックのときの米国株も同じくらい暴落していた!

 

その数字とはリーマンショックのときの米国株の暴落具合です。

 

振り返れば、今の仮想通貨と同じくらい下げてたりします。

 

では、さっそくみてみましょう。

 

まずはリーマンショック時のダウ平均株価からです。ダウ平均株価とは米国株の代表的指数です。

 

 

NYダウ平均株価はリーマンショック前の2007年5月末につけた13,633ドルから、2009年2月末にはショック後最安値7073ドルになっており、なんと▲48.2%の下落となっています。

 

およそ投資金額が半分になってしまう衝撃です。

 

とはいえ、日本から米国株へ投資していた場合、株安の影響だけではありませんでした…、そうドル円相場も円高に振れて日本の米国株投資家を苦しめたのでした。

 

ということで、ドル円相場もみてみましょう。

 

 

ドル円為替相場は2007年5月末には121.7円/ドルだったのが、2009年2月末には97.5円/ドルまで円高が進みました。ドルはなんと19.5%も下げています!おーまいがー。

 

さきほどのNYダウ平均株価の-48%よりも下げ幅は小さいですが、それでも-20%はすごい暴落です。

 

もちろん、日本から米国株へ投資するということは、米国株価の5割の暴落とドル円相場の2割の暴落をあわせた影響があるということです。

 

この2つの影響を確認するために、NYダウ平均をドル円で乗じた円建てドル換算ダウ平均株価というものをつくってみました。

 

さぁ、みてみましょう。これがリーマンショックの衝撃だ!!!!

 

ワン・ツ・スリー(←ふるっ)

 

 

円換算ダウ平均株価は2007年5月末に1,659,486円(13633ドル*121.7円)だったものが、2009年2月末には689,024円(7062ドル*97.5円)と、なんと58.5%も暴落しているのです。

 

さきほどの、仮想通貨ビットコインの暴落が−61.2%ですので、ほとんど差はありません。

 

ミスターマーケット
もし、今回の仮想通貨の暴落を「仮想通貨になんか投資してしまった人は大変だな」と他人事のように思っているとしたら、それは間違いかもしれません。米国株でも過去数年にあった暴落なんですね。気をつけろ!

 

 

ただ、ミスターマーケットは株式と仮想通貨は違うと思っています

 

少し脅すカタチになってしまいましたが、ただミスターマーケットは株式投資と仮想通貨投資(投機?)は違うと思っています(私の仮想通貨に対する理解が足りないだけかもしれませんが…)。

 

参考リンク→【仮想通貨に投資?やめとけよ!】僕が仮想通貨に興味がない理由

 

それは株式投資は富を生むものに対する投資に対して、仮想通貨は富を生まないものに対する投資だからです。

 

ですので、株式投資が富を生むものに対する投資である限り、安くなるということは、その富を生むものを安く買えるチャンスであるはずです。

 

ですので、株式投資の暴落、つまり、リーマンショックなどはピンチでもありますが、チャンスでもあったわけです。

 

一方で仮想通貨は価値の根拠はないわけですので、いくらになっても割安と呼ぶことは難しいのです(もちろん、私の仮想通貨に対する理解が足りないだけかもしれませんが…)。

 

また、期間も仮想通貨が2カ月程度で高値から下がっているのに対して、今回の米国株は2年程度で下がっています。

 

違いますね(どちらが辛いかはわかりませんが‥)。

 

ですので、今回の記事は仮想通貨と米国株の暴落が単に同じといいたかったわけではありません。

 

ただ、仮想通貨の暴落をとおして、米国株投資家のみなさんに自分が持っているリスクを確認しようと伝えたかったのです。

 

暴落のリスクを想定内にしておけば、もしもの時に、思考停止にならなくてすむでしょ?

 

皆さんが素晴らしい投資ができますように。

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
↑あなたの応援が励みになります↑
いつもありがとうございます
( ・`ー・´) + キリッ

SPONSORED LINK

☆★☆こんな記事も読まれています☆★☆

 
ミスターマーケット
お時間いただきありがとうございました。下記のコンテンツも人気です。  
よろしければ再度のご訪問お待ちしています。
Twitter Feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

mrmarket

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。