米国株投資家なら覚えておきたい外貨建MMFの知識

pixabay
ミスターマーケット

どうも、日米株投資家のミスターマーケットです。

 

先日、外貨預金について記事を投稿しましたが、少し好評でした。

 

調子こいて、今回は外貨建MMFを取り上げたいと思います。

 

外貨建MMFは外貨預金と比較してほしい商品ですし。

 

もちろん、外貨建MMFも米国株投資家視点からまとめてみます。

米国株投資家なら知っておきたい住信SBIネット銀行外貨預金の知識

2018.07.17

 

 

外貨建MMFとは?

 

外貨建MMFは外貨建ての投資信託です。高格付けの短期金融商品に投資し、元本と流動性を確保が第1で運用している金融商品です。

 

例えば、米ドル建MMFなら米ドル建の国債や地方公共団体、それに準ずる組織、信用力が極めて優れている民間企業が発行している債券などで、しかも期間が短い短期債券で運用しています。

 

投資信託ですので値動きがあり、元本保証ではありませんが、極めて保守的に運用されています。

 

ミスターマーケット
短期債券で運用しているのも、信用リスクや金利変動リスクを最小限にするためです。証券業界では外貨キャッシュの置き場として使われています。

 

【債券の価格】なぜ債券は金利が下がると価格が上がるのか?

2018.07.18

 

 

外貨建MMFはSBI証券のどこにある?利回りはどれくらい?

 

外貨建MMFですが、SBI証券では、ちょっと意外な所にあったりします。

 

①「SBI証券のトップページ」→「投信」→「外貨MMF」でたどり着けます。

SBI証券外貨MMF

金利は④にあります。ちょっと画像が荒いですが、1.697%となっています。ちなみに、このときの住信SBIネット銀行の外貨普通預金米ドルは0.6%でした。

 

外貨建MMFの魅力的なところは外貨普通預金よりも高い利回りなうえに、毎月1回月末に利金が出ることです。

 

④「買付」のボタンをポチすれば投資することができますので、簡単に取引ができます。米ドルの外貨建MMFの買付単位は10米ドル以上1セント単位で、毎日売買でき(*翌日受渡)ます。外貨普通に準ずる小回りが特徴です。もちろん、売買手数料は発生しません。

 

外貨建MMFのオススメ点
  • 外貨普通預金と同等の流動性を持ちながらも利回りが良い
  • 極めて安全性が高い金融商品
  • 買付が簡単

 

 

外貨建MMFの税金

 

外貨建MMFの税金です。

 

まず、分配金は月末再投資の際に20%が源泉徴収されます。そして、為替損益は譲渡所得として20%の申告分離課税が適用されます。損失が発生した場合は確定申告で損益通算も可能となっています。

 

実は、2015年まで外貨建MMFの為替損益は非課税でした。

 

ミスターマーケットは課税対象となるまで外貨キャッシュは全て外貨建MMFにまわしていたりします。リーマンショックで低金利が続いているうえに為替変動で税金を払わされたんじゃたまらないと、しばらくは利用を控えていました。

 

ただ、最近は、少しずつ金利も上昇していますし、ドルキャッシュの置き場としての魅力もでてきたように思います。注目していきたいと思います。

 

ミスターマーケット
外貨建MMFはドルキャッシュの置き場として優良な選択肢になると思います。外貨預金との比較をオススメします。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

 

米国株投資家なら知っておきたい住信SBIネット銀行外貨預金の知識

2018.07.17

参考リンク→「外貨建MMF商品概要(SBI証券)

SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • ミスターマーケットさん、初めまして。きっきと申します。
    いつも楽しくHPを読ませていただいております。今日の外貨建MMFなども知らなかったので、一度自分でも調べて利用してみたいと思います!

    P.S 以前、神戸でのオフ会の記事を書かれましたよね?私は神戸在住で、何となくそこから親近感が湧いて、以後ファンとなり楽しく読ませていただいております!

    • どうも、きっきさん、はじめまして(^^)

      きっきさんの選択肢が増えたならむちゃ嬉しいです(^^)

      よく検討してお選びくださいね。

      PS きっきさんともオフ会するときあればよろしくお願いしまーす。
      (きっとあの人だと思う)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。