超簡単!ドルコスト平均法は「価格が半分になってもいいか」を考えるだけ!

 

どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

今回はミスターマーケット流、ドルコスト平均法の考え方を紹介します。

 

さっそく行ってみましょう。

 

ドルコスト平均法とは?メリットは?

 

ドルコスト平均法とは投資手法の1つで一定期間ごとに定額で購入していく手法です。

 

ドルコスト平均法のメリットとしては一定期間ごとの購入で時間の分散が可能になることです。

 

また、定額で購入することで価格が高いときには少なく購入できますし、価格が安いときには多く購入することになります。

 

結果として高値掴みを防ぐことができ、上下する相場では平均単価を抑える効果があります。

 

“つみたてNISA早わかりガイドブックより”

 

ドル平均法のデメリットは?

 

一方、ドル平均法のデメリットは分散することによって投資機会が失われることや、右肩上がり相場の場合は一括購入するよりも平均単価が上昇してしまうことがあります。

 

先ほどの例では、1ヶ月目の投資したあとに価格が急騰した場合、ドルコスト平均法を使わずに一括購入したほうがより儲けが多くなります。

 

つまり、ドルコスト平均法はリスクを減らすが、リターンも減らしてしまう投資手法にすぎないのです。

 

ドルコスト法は「購入した次の日に価格が半分になって良いか」と考えればいい。

 

ドルコスト平均法にはメリットもデメリットもあります。では、ドルコスト法って有効な手法なのでしょうか?

 

ミスターマーケットが考えるにドルコスト平均法が効果的かどうかは投資資金が「購入した次の日に価格が半分になって良いか」を考えれば良いと思います。

 

もし、「購入した次の日に価格が半分になったら困る!」と思った方(資金)はドルコスト平均法を使うべきです。

 

逆に、「購入した次の日に価格が半分になっても大丈夫!」と思った方(資金)はドルコスト法を使わなくても良いと思います。

 

ここで注意して欲しいのは、「明日、価格が急騰する可能性もある」ことです。ドルコスト平均法を使うということは急騰したときのリターンも手放すということですから。

 

ただ、考える際は急騰することよりも急落することを考えることをオススメします。つまり、投資は失敗しないことを考えるのです。

 

それは、投資にとって最大の失敗は狼狽売りですし、投資の神様バフェット氏も投資にとって大切なことは損をしないことと言っています。

 

参考リンク→バフェットが口を酸っぱくして「絶対に損をするな」と言う、たった1つの理由

 

ちなみに、セールストークor not は本質ではない。

 

ちなみに、ドルコスト平均法は単なるセールストークという人もいます。投資が怖い人に対しての証券会社のセールストークだというのです。

 

確かに、ドルコスト平均法が有名な1つにはセールストークとして有効であったことが1つの要因でしょう。

 

ただセールストークだからといって、その投資手法が間違いか、どうかというのは関係ありません。

 

そのような煽りは論理的思考の妨げになる「レッテル張り」にしかすぎません。

 

逆に考えれば(ドル平均法がセールストークだから)一括投資をするのが正しいというのも、早く成果を上げたいセールストークに他ならないからです。大切なのは「本質」を見抜くことです。

 

投資ではメリットがあればデメリットがある

 

ドルコスト平均法もですが、投資にはメリットがあればデメリットがあると思って間違いないと思います。

 

メリットもデメリットも考えたうえで自分にとってどうかを考えたほうが有益だと思います。

 

ノイズ(雑音)に惑わされることなく、見抜く力を身につけましょう。

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑あなたの応援が励みになります↑
いつもありがとうございます
( ・`ー・´) + キリッ

SPONSORED LINK

☆こんな記事も読まれています☆

ミスターマーケット
お時間いただき
ありがとうございました。

↓さらにこちらも読まれています↓

↓SNSもあります↓

Twitter Feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

mrmarket

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。