【初めての米国株】オススメする3つの銘柄

どうも、ミスターマーケットです。

 

ミスターマーケットは普段は投資の話をしません。それでも、会話のなかで投資のキーワードが登場すると、思わず投資について熱く語ってしまいます。そのあとは大抵、「オススメは?何に投資のしたらいい?」というアホな問いが登場します。

 

リアルの場合は下手にオススメして損失を発生させてしまい関係がこじれると面倒ですので曖昧に流しますが、今回はそれについて本気で答えてみます。ちなみに、タイトルは【初めての米国株】としましたが、【初めての株式投資】でも間違いじゃないと思います。

 

これがMr.マーケットがオススメする3銘柄だ!

 

ずばり、Mr.マーケットがオススメする米国株は次の3銘柄です。

 

  • コカコーラ
  • P&G
  • ジョンソンアンドジョンソン

 

 

KO

 

最初に紹介するコカコーラは世界屈指の飲料メーカーです。身近な商品は炭酸飲料の「コカコーラ」やスポーツ飲料「アクエリアス」、果汁飲料「ミニッツメイド」があります。

 

PG

 

次に紹介するプロクター・アンド・ギャンブルは世界屈指の日用品メーカです。商品は洗濯洗剤「アリエール」やカミソリの「ブラウン」、シャンプーの「パンテーン」があります。

 

JNJ

 

最後に紹介する、ジョンソンアンドジョンソンは世界屈指の医療メーカーです。私たちに馴染みのある商品は絆創膏「バンドエイド」や、近年は歯磨用品「リステリン」も有名です。

 

オススメする3つの理由

 

オススメするワケは次の3つの理由です。

 

  • 安定したビジネス
  • 安定した株主還元
  • 日本でも生活に馴染みあるブランド

 

安定したビジネス

 

まず、最初のオススメの理由は3社とも安定したビジネスを保有しているからです。商品に強いブランド力があります。さらに、商品が日常的に消費されるために景気の変動に強く、価格競争にも巻き込まれにくいビジネスを持っています。

 

例えばコカコーラのキャッチフレーズは「no reason Coca Cola」。自社の製品を理由が思いつかないほど、無意識に選らばれる商品であることを謳っています。

 

P&Gは日用品メーカです。例え、景気が悪くなったとしても洗濯を止めるわけにはいきません。景気とともにヒゲが伸びなくなることもありません。どんなときも消費される商品群を保有しています。

 

ジョンソンエンドジョンソンの業界は医療です。医療も日用品と同じで景気に左右されにくい産業です。景気が悪いからといって医療をとめるわけにはいきません。

 

安定した株主還元

 

次のオススメの理由は3社とも強い株主還元姿勢を感じとれるからです。配当利回りでいうとコカコーラは3.2%、P&Gは3%、ジョンソンエンドジョンソンは2.5%です。もちろん、これは株価が低迷しているなかでの配当利回りではありません。株価が史上最高値を更新している最中の配当利回りです。

 

また、米国株で株主還元の代名詞といえば配当の連続増配記録ですが、2017年現在でコカコーラは54年、P&Gは61年、ジョンソンエンドジョンソンは54年の増配記録を更新中です。

 

日本でも生活に馴染みあるブランド

 

最後のオススメする理由は日本でも馴染みのある会社だということです。

 

ミスターマーケットは投資する会社を身近に感じたほうが良いと思っています。特に投資経験が浅いときは保有していると些細なニュースでも過敏に反応してしまい不安に感じるものです。3社とも身近に感じれる企業ですので、安心して保有しやすいと思います。

 

また、3社の立場からみると海外である日本市場でも生活に馴染んでいるということは、そもそも強いビジネスであることの証明でもあります。さらに、日本は、良い意味でも悪い意味でも、世界でも特殊な市場で、消費者の要求も強い傾向にあります。そのなかで有力なプレイヤーであることは魅力的です。

 

できたら3つをまとめ買い

 

そして、できればこの3社をまとめて買うことをオススメします。

 

その理由は次の3つです。

 

  • 毎月配当を貰える
  • 資金は35万円から大丈夫
  • Mr.マーケットも3社とも保有している

 

毎月配当金が貰える

 

まず、最初の理由は3社を購入することで毎月配当金が貰えるようになるからです。米国株は4半期(3ヶ月)毎に配当をだすことが一般的です。コカコーラは1月4月7月10月、P&Gは2月、5月、8月、11月、ジョンソンエンドジョンソンは3月、6月、9月、12月に配当をだします。つまり、3社にまとめて投資することで1年中毎月配当金が貰えることになります。

 

投資経験の浅い人にまずは体験して欲しいことは企業が稼いだ利益が投資家に還元されることを実感することです。毎月配当を受け取ることで株式を保有するメリットを感じることができると思います。

 

資金は35万円ほど

 

次の理由として、3社まとめて購入すると元手でなる投資資金が大きくなると思いがちですが、35万円ほどでいけます。Mr.マーケットが使用しているSBI証券での米国株の売買は約定代金の0.45%の手数料が発生します(最低5$)。ですので、1112ドル以上であれば無駄な手数料が発生しないことになります。1112ドル*3社=3336ドル。およそ35万円で3社に投資ができます。

 

ちなみに、2016年夏までSBI証券の米国株の最低手数料は25ドルでした。その頃からみれば、大幅に手数料がかからなくなりました。

 

ミスターマーケットも3社保有しています

 

最後の理由として、Mr.マーケットもこの3社をまとめて保有しているからです。安定したビジネスを保有しているといってもやはり企業です。業績の浮き沈みはあります。株価も上下します。1社だけに集中投資すると株価が上昇したときは気持ちがいいですが、下落すると精神的にキツイものがあります。精神的にキツくなり売ってしまっては元も子もありません。3社に投資することで、気持ちを分散して長期投資できるようにします。

 

注意したいとこ

 

さて、注意して欲しいこと3点あげたいと思います。

 

  • 長期投資(バイアンドホールド)を前提としたオススメ3銘柄です
  • 余裕資金で行ってください
  • 投資はもちろん自己責任です

 

長期投資の3銘柄

 

まず注意して欲しいことは今回オススメした3銘柄は長期投資を前提としています。もし、短期投資でも儲けたいならミスターマーケットではなく他の人にアドバイスを貰うほうが100%良いと思います。ちなみに、長期投資は10年は保有するつもりで購入することだとイメージしてもらうといいと思います。もちろん、この3銘柄はバイアンドホールドでもいいと思います。

 

余裕資金で行う

 

次に注意して欲しいことは余裕資金で行ってください。いつ株価が大きく値下がりするかはわかりません。余裕資金で行うことで、もしものときにリカバリーできる時間を得ることができます。1年後使う資金で長期投資はできません。

 

投資は自己責任

 

最後に注意して欲しいことは投資は自己責任です。当たり前です。

 

最後に

 

この3社に投資すべき理由は次から次へと思い浮かびました。Mr.マーケットも追加で購入しようかな…。

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。
こんな記事も書いています。

ミスターマーケットが配当を重視する理由を書きました↓

【配当は正義!】投資における配当の3つメリット

 

今回の3銘柄は長期投資(バイアンドホールド)におすすめの銘柄です。ですが、長期投資にもつらいこともあります↓

【長期投資の試練その1】感じることができない投資のメリット

 

記事中にでてきた「バイアンドホールド」のミスターマーケット流の考え方です↓

【バイアンドホールド戦略】永遠の誓いは投資するときだけ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
↑あなたの応援が励みになります↑
いつもありがとうございます
( ・`ー・´) + キリッ

SPONSORED LINK

☆★☆こんな記事も読まれています☆★☆

 
ミスターマーケット
お時間いただきありがとうございました。下記のコンテンツも人気です。  
よろしければ再度のご訪問お待ちしています。
Twitter Feedly

2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見してます。

    この3銘柄は本当にいい銘柄ですね。
    欲しくて狙っているのですが、ここ数日の下落相場でも、ほとんど下がらず、指値に届いてくれません。

    できればPGは90ドル、KOは43ドル、JNJは130ドル以下でほしいのですが、、、現状は下がるのを待ちつづけ、いつまでも買えない残念な投資家の典型となってます(^_^;)

    ちなみに米国株に興味を持ったのはここ数ヶ月なので、安値で買えるチャンスがありませんでした。
    IBMやXOM持ってるので下落相場はダメージもありますが、優良銘柄を安く買えるチャンスでもあるので、ある意味今後の値動きが楽しみです。

    今後も記事を楽しみにしてます。

    • 米国株初心者さん、
      コメントありがとうございます。

      そして、記事の励みになる
      コメント本当にありがとうございます(嬉涙)

      本当にいい3銘柄だと思います。

      私のPG投資はタイミング的には、
      リーマンショック前の円安株高時に
      購入した大きな失敗例だと思っています。
      それでも、保有し続けれたのは
      PGのわかりやすい強いビジネスですのおかげです。
      こういう企業をいい会社と叫び続けたいと思います←

      米国株初心者の希望に株価が下がって
      早く保有できることをお祈りします。
      (その後はすぐに上昇しますように)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    mrmarket

    どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。