成熟配当株と成長無配当株の論争を就職先だったらと想像してみる。

いま、みなさんの、
就職内定が決まったとします。
なんと2社から貰えました。
しかも、世界的に超一流企業です。
ちなみに、最近は月に20万円あれば
普通の生活ができると言われています。

A社
昔から知ってる家庭用品や食品を扱っている企業。労働条件:給料は初任給23万円。過去は毎年昇給がある。退職金は普通。他の条件は一般的なものである。

B社
成長著しいネット企業。世界に大きな変革を促しており、大きな成長が期待されている。労働条件:給料は初任給20万円で昇給なし。昇給分は退職金に加算されてるらしいが最終的には会社の成長と業績次第。大きな成長とともに多くの退職金が期待できる。他の条件は一般的なもので、A社と同様である。

みなさんはどっちに就職しますか?

私たちが会社から給料や賞与で労働の対価を貰う場合はそのときに税金が発生します。もう1つ、労働の対価といえば退職金です。退職金は勤務先が毎月引当していますが、引当時には税金は発生していません。また、会社は退職金引当金を投資に回せないわけではありません(つまり、退職金資金を成長にまわすことができます。)。

そして、株式投資では配当には税金がかかり、会社内での再投資や自社株買いには税金はかかりません。

ですので、税金が発生する給料を「配当」に、税金が発生しない退職金を「売買差益」と考えてみました。初任給の差「3万円」は配当あり、なしの差です。

私、Mr.マーケットの場合はA社に就職しますね。やっぽ普段もらえる給料が多いのは嬉しいですし、昔から馴染みのある商品を扱っている会社は安定感があります。株式投資も行なっているので、就職でB社で働いて一気に‥というより、A社で働いてB社より多くもらえた給料を自分がいいなぁと思える企業に投資にしていきたいと思います。

どうですか?成熟配当株と成長無配当論争を就職で考えてみました。かなり無理矢理のこじつけかもしれませんが、バフェットエピソードにも投資先と就職先を関連づけたものがあったように思います。Mr.マーケットは配当を中心に投資を行っていますので、少し配当よりのバイアスが働いていると思いますが、公平な条件になるように設定してみました。おそらく、B社で一獲千金を狙う方もいるはずです。もしかしたら、5年で急成長業績も拡大して、その時にやめればスーパーアーリーリタイアも可能ですし。

もちろん、就職と違い、株式投資ではA社とB社どちらにも投資することが可能です。A社とB社のどっちが儲けれるか?と考えるのも1つの手法ですが、A社に8割、B社に2割など自分ができる投資方法を考えるのも一つの手です。思わず与えられた選択肢を選ぶことに専念しがちですが、新しい選択肢をみつけることにも脳みそを使うと気が楽になります。

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。