2019年9月の受取配当金を公開!マクド・マイクロソフト・ビザなど11社からいただきました

ミスターマーケット
僕の投資の原動力は配当です。とくに資産額が伸びないときは。

 

 

では、さっそく2019年9月の配当をみていきましょう

 

まずは、9月期の過去5年分の配当金推移グラフです。
2019年09月配当金総額推移

2019年9月配当金は19,193円でした。前年比で587円増・4%程度増えました。

増加要因はマイクロソフトを中心とした買増しと各社増配効果でした。減少の要因はクラフトハインツ・ブラックロックの売却です。

ミスターマーケット
今年の夏に新規投資を行ったMSCIとSPGIから初の配当がありました(記事にはしていません)。5万ずつと極小投資ですので、まずは各10万まで買い増し予定です。

 

高配当な石油株ロイヤルダッチシェル【RDSB】2017年投資で株価は上下横ばいも配当の恩恵がすごい!

2019.09.28

日用品大手の英国株ユニリーバ【UL】株価は堅調・配当は外国税無税

2019.09.19

2017年にJ-REITインデックのiシェアーズJリートETF(1476)で日本の不動産に投資した結果・・・

2019.09.24

世界最大のレストラン企業・米国株マクドナルド【MCD】株価は3倍、配当は43年連続増配!

2019.09.29

サブスクで成長期待が高まるマイクロソフト【MSFT】株価は市場最高値水準・配当は18年連続増配

2019.09.21

米国株ヘルスケアの雄ジョンソン & ジョンソン【JNJ】への投資 株価は3倍弱・連続増配年数57年で元本配当利回5%

2019.09.26

最近絶好調!? iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF【PFF】2017年投資で株価はマイナスも分配でプラス

2019.11.17

決済銘柄の大本命!クレカのビザ【V】株価は過去最高値・配当も11年連続増配!

2019.09.17

肉うめぇえ!ランチの美味しさに思わず投資したブロンコビリー(3091)への投資は・・・?

2019.09.10

 

 

米国株・日本株の配当金推移

 

次は全体の配当金推移です。

配当金推移 配当金推移

 

上のグラフが月毎の受取配当金額、下がそれの12ヶ月平均です。

 

12ヶ月平均にすると配当金が順調に増加していることがわかります。

 

ミスターマーケット
ただ直近はちょっと落ち込んでいますね。年末にかけて追加投資や増配効果で勢いが回復するはずです。

 

 

僕は受取配当金額を資産評価額と同じように投資の評価基準にしています。

 

ですので、順調に増加している受取配当金をみると安心します。

 

相場は浮き沈みがありますが、配当金は利益が素晴らしい企業に追加投資を繰り返せば成長していきます。

 

資産評価額と受取配当金の2つの評価は投資を続けていく上でモチベーションになりますのでおススメです。

 

 

【投資KPI】僕は2つの評価基準で投資のモチベーションをあげています【配当と資産額】

2019.08.31

 

 

海外株の配当金推移

 

つぎに海外株の配当金だけを絞って推移をみてみます。

上がドル建ての配当金、下が円換算の配当金になります。

 

ミスターマーケット
海外株の配当金は綺麗な右肩上がりで増加していましたが、海外株もここにきてブレーキがかかっている気がします。特に昨年より円高に振れているために縁換算後の配当金の推移が弱い気がしますね。

 

 

日本株の配当金推移

 

次は日本株の配当金です。

 

ミスターマーケット
海外株ヘは積極的に新規投資を行なっていますが、日本株への投資は小さくなっています。

高配当株のキヤノンも売却してしまいましたし(一部J-REITを買い増し)、今年の配当金は減少で着地する可能性が強くなってきました。

 

 

配当カレンダー

 

ちょっと時間があったので配当カレンダーを作ってみました。緑枠は実績(金額は2019年)、青は見込み(金額は2018年)となっています。

2019年の予想配当金額は237,641円でした。ちなみに、2018年の配当金総額は236,837円。

 

昨年と比べてほとんど増えていないですね。

 

見込みには新規投資や増配分が計上されていないため上振れ前提ですが、ちょっと驚いています(困惑)。

 

ミスターマーケット
最後まで投資を続ける年になりそうです。

 

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA