土日祝日は株取引が休みで暇!だけど企業は稼ぎ続けている。

 

どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

半分冗談ですが、ミスターマーケットが米国株投資家でよかったと思うことの1つに「平日深夜に開かれる市場を見れること」があります。

 

自分が投資した企業の株価が動き、資産金額が上下している風景は、資本主義世界の中心にいるような気がしてワクワクします。ミスターマーケットにとって平日の最も楽しみの1つがリアルタイムで株式市場をみることといっても過言ではありません。

 

そんななかで悲しい夜というのは、米国が祝日であるために、楽しみにしていた市場が開かれないということです。幾晩、あの虚しい夜に枕を濡らしたか…。

 

ところがどっこい、最近、この考えって大きな間違いであることに気づいたのです。

 

 

株式市場が開いていないことを悲しむことは大間違い!

 

なぜ、株式市場が開いていないことが悲しむことは間違いなのか。

 

それは土日祝日で株主市場は休みだとしても、企業は稼ぎ続けているからです。

 

特に消費というものは株式市場が休場のときの土日祝日に多く行われます。

 

例えば、スターバックスやマクドナルドなど外食産業が混むのは土日祝日ですし、洗剤や歯ブラシなど生活必需品が多く売れるのも土日祝日でしょう。土日祝日などの休日はどうしても平日よりもサイフが緩んでしまうものです。

 

私たちにとって株式投資というのは「安く買って、高く売る」といったイメージに呪縛されているため、どうしても株式市場が休場だと儲けがない日のように感じてしまいます。

 

しかし、冷静になってみると、「株式投資とは投資先の企業の稼ぎの一部を貰うこと」だと思い出すことができます。

 

ですので、たとえ株式市場が開かれなくとも、企業が稼いでいれば、まわりまわって自分の資産も増えているはずなのです。

 

バフェットの考え方を学べばもっとワクワクできる。

 

ちなみに、バフォット氏の考え方を学べばもっともっとワクワクできます。

 

下↓は彼の有名な名言です。

 

バフェット
今こうしている間にも、地球に住む25億万人の男性のヒゲが少しずつ伸びている、そう考えながらベッドに入れば、とても心地よく眠れるはずです。

 

この名言は彼が投資していたカミソリのジレットに関してのものです。

 

ヒゲが伸びると、投資先のジレットのカミソリが消費されることを彼らしい表現で表しているのです。バフェット氏は投資先企業の稼ぎにつながる現象ですら好意的に受け取ってしまうのです。

 

 

まとめ

 

ですので、たとえ、土日祝日で株式市場が休場していても、企業は稼いでいます。ワクワクしてください。

 

そして、深夜だれも起きていなかったとしても、企業の稼ぎにつながる現象は起きているかもしれません。ワクワクしましょう。

 

ちなみに、ミスターマーケットの投資先である歯磨き粉・歯ブラシ大手のコルゲートパルモリーブにはこんな言葉はどうですかね。

 

ミスターマーケット
「今こうしている間にも、地球に住む50億人の人の口に細菌が繁殖している、そう考えながらベットに入れば、とても心地よく眠れるはずです。」

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
↑あなたの応援が励みになります↑
いつもありがとうございます
( ・`ー・´) + キリッ

SPONSORED LINK

☆★☆こんな記事も読まれています☆★☆

 
ミスターマーケット
お時間いただきありがとうございました。下記のコンテンツも人気です。  
よろしければ再度のご訪問お待ちしています。
Twitter Feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

mrmarket

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。