3月はミスターマーケット配当月間です!

ミスターマーケット
どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

3月はミスマの保有株から配当が多く入る月です。これがすごく嬉しかったりします。っということで、今月どこから入ってくるかシミレーションをしてみたいと思います。まさに自己満企画です!

 

3月の分配・配当金

 

月初からの配当をズラーっとみていきますよー!

 

3月1日米国優先株式ETF(PFF)

 

まずは、iシェアーズ 米国優先株式 ETF(PFF)さん。米国株の優先株を集めたETFです。

 

毎月月初に分配金を送っていただける、配当重視のミスターマーケットお気に入りの銘柄です。権利落ち日は3月1日ですが、未だ入金されていませんw

 

PFFは債券の性質があり価格が安定しているため米国株の配当金の一時的な保管庫として購入していましたが、高分配のため売ろうにも売りにくい状態が続いています。

 

株価がガッツリ下がったらPFFをさっぱりと売却して、株式購入資金にしたいと思います!

 

 

3月6日ビザ(V)

 

次は、ビザ(V)さん。クレジットカード首位のハイテク金融スター株です。

成長株ですので、配当利回りは0.7%以下と非常に小さくなっています(一方で自社株買いにはお金を使ってたりします)!

 

米国株は3ヶ月ごとの配当ですので、配当利回りが小さいと本当にごくわずかの受取配当金額になってしまいます。配当頻度が高いのは嬉しいのですが・・・w

 

ビザの配当金は3月7日夜に確認とれました!なんと1.53$の入金でした!

 

 

3月13日ジョンソン & ジョンソン(JNJ)

 

翌週13日はジョンソン & ジョンソン(JNJ)です。ヘルスケアグローバルトップ企業です。

 

ヘルスケアは配当利回りが小さいところも多いですが、さすが最大手のJNJです。2.6%もあります。

 

投資して年数もたっていることから株価も配当も増えてある程度の受取配当金額が期待できます。

 

 

3月15日マクドナルド(MCD)

 

次はマクドナルド(MCD)です。グローバル外食トップの企業です。

ここのところ株価は軟調ですが、配当は急には下がったりしません!配当を粛々といただきながら、株価の再上昇を待ちたいと思います。

 

マクドナルドはたまに食べると美味しいですよね。あの、ダーティーフードを食べている背徳感がたまりません(^^)

 

 

3月21日ユニリーバ ADR(UL)

 

そして、次はイギリス株のユニリーバ ADR(UL)。P&Gと並ぶ日用品の世界的企業です。

イギリス株ULのみりょくは配当金に外国税がないため、NISAで無税というところ!

 

安定の日用品株で配当利回り3.2%をいただけるなんて夢のような銘柄です(日本の日用品株は総じて配当が小さい!)。

 

21日が楽しみです。

 

 

3月23日クラフト ハインツ(KHC)

 

次はクラフト ハインツ(KHC)です。チーズのクラフトと、ケチャップのハインツが合併してできたバフェット銘柄。

こちらも絶賛、株価は低迷中です。ただ、旧クラフトフーズ時代から保有しているミスマはスピンオフしたモンデリーズ・インターナショナルを売却して投資金額を回収していますので、株価は気になりません。

 

粛々と配当を受け取るだけです。長期投資家の余裕の姿勢です。

 

3月26日ロイヤル ダッチ シェル ADR B(RDSB)

 

そして、月終盤に高配当株のヤル ダッチ シェル ADR B(RDSB)から配当金が届きます。2017年の配当番付1位企業の石油大手企業です。

こちらもイギリス株で外国税はありません。NISA適用で超高配当の5.7%がそのまま手元にやってきます。

 

ミスマ保有株では珍しい業績にアップダウンがある株式です。石油価格が安すぎたため、チャンスと思い高配当の魅力に負けてしまいました。

 

いずれ売却するような気がしますが、それまでは配当をガッチリいただこうと思っています。

 

はやくきてくれ3月26日!

 

3月30日ペプシコ(PEP)

 

そして、3月最後の配当はペプシコ(PEP)から入金予定です。菓子と飲料の大手企業。

 

日本のカルビーの筆頭株主でもあります。

こちらも、直近は株価が冴えません。結果として、配当利回りは3%近い高配当株です。

 

まとめ:米国株8社から配当金が入ってくる予定

 

3月は以上の米国株は8社から配当金が入金される予定です。

 

2月初めから株式相場・為替相場が荒れ模様でおつかれの投資家さんもいるとは思います。やはり株価が下がっていくのはなかなか辛いものがありますよね。

 

こんなときこそ、配当がうまく心の支えになってくれます。

 

ミスターマーケットは株式とはそもそも企業が儲けを目的に保有するものと思っています。

 

そして、その儲けから配当というカタチで富をいただくのです。

 

特に長期投資家であれば、直近の下げに一憂する必要はありません。素晴らしい企業であればどんどん稼ぎ続けますし、時が経てば成長もします。

 

ゆっくり配当をいただきながら、富が増えるのを待っていきましょう。

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。