【8267】201710優待株イオンから配当を受け取りました。

どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

今回は日本の流通業界をセブンと二分するイオンから配当金を受け取りましたので紹介します。

 

セブンがどちらかというと街型流通の覇者なのにたいして、イオンは郊外型流通の覇者です。その昔はタヌキやキツネがでるところに店を構えるのが、イオンの出店戦略だったと聞いたことがあります。ミスターマーケットの家の近くにもイオンがあります…←

 

まずは配当金の推移です

 

まずは受取配当金の推移です。少しずつ伸びていますが、わずかです。米国株では、配当金に使われる通貨がドルで、価値が直感でわからないため、わずかの増配でも喜んでしまいます。しかし、日本株だと100円程度増配してもあまり感動がありませんね(日本株に厳しい…)

 

イオンは配当よりも株主優待のキャッシュバックが多い投資家が多いと思います。ミスターマーケットも2017年上期のキャッシュバックは2700円程度で、配当金の2倍以上になりました。

 

実際はイオンの販促に使われている面もあると思いますので、キャッシュバックの金額が配当と同じ価値を持っているとは思いませんが…、それを合わせると、優待込み配当利回りは年間で4%程度になります。

 

次は収益推移を金額でみてみます

次は配当込みの収益推移グラフです。赤棒が含み損益、青棒が配当を表しています

 

イオンへの投資、現在の所は順調です。

 

ミスターマーケットはいつイオンの株価が値下がりするのか、ガクガクしています。なぜなら業績が恒常的に悪いからです。おそらく、景気や市況が悪化したら、まず下がる株ではないかなと思っています。

 

「売却すればいいのに」と思うかたもいらっしゃるとは思いますが、しかし、実家の家族に渡した株主優待のイオンオーナーズカードを没収することが少し面倒なので、株式を売れない状態です。優待があるからこのまま保有していてもいいかなと今に至っています。

 

次は収益を率で確認してみます

最後に、配当込みの収益推移グラフを率でみてみましょう。

 

率でみても、順調ですね。業績が悪いにも関わらず株価が比較的堅調なイオン株の推移をみていると日本株がいかにイージーモードに突入しているか、実感させられます。

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

 

関連記事です。

イオン株といえば、株主優待を目的で購入したかたも多いと思います。株主優待キャッシュバック受け取り記事です。

【8267】イオンの株主優待キャッシュバック

 

記事で使っているグラフの作り方を公開しています。興味あればどうぞ。

Mr.マーケットの配当集計講座1-1 簡単入力のためのフォームを作ろう

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。