投資に1番大切なことは投資家自身の「キャッシュフロー」

どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

投資に大切なことはいろいろありますが、ミスターマーケットが1番大切だと思うこと、それは投資家自身のキャッシュフローです。今回は投資家自身のキャッシュフローの大切さに焦点します。

 

投資に1番大切なことはキャッシュフローだと思う

 

ミスターマーケットが投資にキャッシュフローが1番大切だと思う理由は次の3点です。

  1. お金を殖やすことに集中できる
  2. 投資の損失に強くなれる
  3. 必要な目標額が小さくなる

 

キャッシュフローが大切な理由①:お金を殖やすことに集中できる

 

最初のキャッシュフローが大切な理由はキャッシュフローがプラスであれば、お金を殖やすこと(投資)に集中できるからです。毎月の資金繰りに追われる必要がなく、お金のことは投資に集中できることができます。また、毎月キャッシュが増えていくわけですから予備費として手元に置くキャッシュを最少に抑えることができます。

 

ミスターマーケットは頭が悪いため、1度に2つのことは考えることができません。とくに同じジャンルのことを同時に考えると、脳みそがショートを起こします。

 

もし、キャッシュフローがプラスマイナスが微妙であれば、今月の家賃ヨシ!クレジット支払ヨシ!と生活資金が十分にまわっていくことを確認したうえで、投資をしなければいけません。「生活資金が足りなければ、投資資金からまわして」と考えていては投資に集中することができません。

 

また、同じくキャッシュフローがプラスマイナス微妙であれば、もしものための手持資金を手厚く確保しておかなければいけません。手元資金が多くなるということは投資パフォーマンスの悪化につながりますので、こちらも避けなければいけません。

 

投資に集中するためにキャッシュフローは大切なのです。

 

キャッシュフローが大切な理由②:投資の損失に強くなれる

 

つぎのキャッシュフローが大切な理由は投資の損失に強くなれるからです。もし、キャッシュフローがマイナスであれば投資の損失は即、生活の不安定化につながります。またキャッシュフローがプラスであれば、相場の下落は、株式を安値で仕入れる絶好の機会になります。

 

もし、毎月のキャッシュフローがマイナスであれば、資産を切り売りして、生活をしていることになります。相場が下落して投資の損失が拡大しているばあい、資産の切り売りをしていては、加速度的に資産が減っていきます。

 

また資産も安くなっているため、ふだんよりも多い量を売却しなければいけなくなります。もう踏んだり蹴ったりです。相場が下落するだけでもストレスがたまるのに、生活に持続可能性がなくなると思うと…投資をしている場合じゃありません。おそらく、投資から退場する=負けることになります。

 

一方で、キャッシュフローがプラスであれば、相場の下落は株式を安値で買えるます。もちろん、強い精神力と度胸、冷静さが必要になりますが、これこそ投資の神が与えた絶好のチャンスです。ミスターマーケットの好きな慣用句に「人事を尽くして天命を待つ」とありますが、投資の世界で「人事」とはキャシュフローの最大化だと思うわけです。

 

投資の損失に強くなるためにキャッシュフローは大切なのです。

 

キャッシュフローが大切な理由③:必要な目標額が小さくなる

 

最後のキャッシュフローが大切な理由は目標額が小さくなるためです。投資をする理由はいろいろあるとは思いますが、多くのひとが生活の安定や老後の資金やアーリーリタイヤのためだと思います。そして、それをかなえるためには生活の資金を確保さえすればいいわけです(生活の質はそれぞれの価値感に任せます)。

 

キャシュフローの最大化という言葉をさきほど使いましたが、そのためには「収入の最大化」と「支出の最小化」のどちらか、または両方に取り組む必要があります。ここで確認したいのが「支出の最小化」とは「生活の資金の最小化」でもあるわけです。つまり、「支出の最小化」をすればするほど、目標がこっちに近づいてくるわけです。

 

目標が近づけば近づくほど、早くアーリーリタイヤができるようになりますし、少し頑張りを下げてハイリスクな投資からよりローリスクな投資にうつることも可能になります。

 

キャッシュフローは投資成績をサポートするだけでなく、その目標も下げることができるのです。

 

キャッシュフローが大切な理由:まとめ

 

どうでしたか?ミスターマーケットがキャッシュフローが大切だと思う理由でした。

 

キャッシュフローがプラスであれば、「生活の資金繰りにエネルギーを使う必要がなく、投資に集中することができます。そして、より資金を投資に回すことができます。

 

キャッシュフローがプラスであれば、もし相場が悪化して下落や暴落に襲われても、毎月生み出される資金を使って買い進めるチャンスになります。一方で、キャッシュフローに不安がある場合は投資からの撤退を選択せざるおえなくなります。

 

日ごろからキャッシュフローに取り組めば投資のサポートになるだけでなく、目標も下げてくれます。一石二鳥とはこのことですね。

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。