2020年3月末の資産状況!米国株にもコロナがやってきた!株価急落!

2020年3月ポートフォリオ
ミスターマーケット
ぷぎゃあー。

 

 

2020年3月末のポートフォリオ

 

では、さっそく3月末のポートフォリオです。

 

まずは企業・金融商品別の比率と金額から。
2020年3月ポートフォリオ

 

企業・金融商品別の金額です。
2020年3月ポートフォリオ

株式は全部で47銘柄、最も大きい銘柄は医療機器のマニー(日本株)の9.0%(1,589千円)、最も小さい銘柄は菓子パン用品のWeb販売のタイセイ(日本株)の0.4%(64千円)でした。

 

2020年3月はコロナショックの影響が米国株にも波及、一時は優良企業ですら資金ショート懸念で売り込まれて、まじパニックの様相でした。

 

せっかくの急落でしたので、いままで高値で手が届かなかった銘柄にも新規投資してみました。ビビっていたので、どれも小額投資です。

  • ジンマー バイオメット ホールディングス(ZBH)-米国株・ヘルスケアで人工関節が強いです。
  • インチュイト(INTU)-米国株・ハイテクで会計ソフトです。サブスク転換もしています。
  • バークシャー ハサウェイ B(BRKB)-米国株・金融セクター。バフェットの会社ですね。
  • MAXIS米国株式(S&P500)上場投信-東証上場のS&P500ETFです。
  • 良品計画-日本株・無印良品を運営しています。
  • シーアイメディカル-日本株・歯科向けWeb流通です

 

ほかにも追加投資として、ダナハー(DHR)、マイクロソフト(MSFT)、スタンダードプアーズグローバル(SPGI)、ヤムブランズ(YUM)に資金を振り分けました。

 

ミスターマーケット
どこにそんなお金があったのか・・・なんと強かったエフピコを売却、さらに個人年金を解約して株式資金にしちゃいましたーw

 

 

各銘柄の1ヶ月の動き

 

次は先月からの変化に注目してみます。各銘柄毎の1ヶ月の金額の動きです。

市場が大きく下がる中で保有金額が大きいシスメックス・マニーが反発してくれたのが、よかったです。

 

ミスターマーケット
おかげで、リーマン級といわれる中で70万ちょっとの下げでなんとか落ち着きました。

 

・・・ん?損してるのに、なんかセーフだった気になっています・・・w

 

感覚がへんになってきたかもしれませんw

 

 

ポートフォリオのセクター割合

 

次はポートフォリオのセクター割合です。

 

ミスターマーケット
じぶんのなかでは意外と持ち堪えているなという感想です。たぶん、感染症でも需要がモロに減らないヘルスケア・生活必需品セクターが多いポートフォリオだからだと思います。

 

かんそう

 

さて、思ったよりコロナが長引きそうで、甘かったじぶんを反省しています。

 

中国が2ヶ月ぐらいで落ち着いてきたので、日本も世界も桜の季節の頃には・・・と思っていたのですがなかなか落ち着いてくれません。

 

アメリカもまだ増えそうですし、イタリアスペインなんかも長引いています。

 

株価もですが、早くコロナウイルスが落ち着いて、また日常に戻れたらいいですね。

 

ミスターマーケット
毎月、少しでもいいので資金を投入していきたいと思っています。高いときにも投資したのだから、安い時にも投資を続けていきたいです。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA