18年10月末米国株・日本株投資の配当金を完全公開。

ミスターマーケット

どうも、日米株投資家のミスターマーケットです。

 

今回は毎月恒例の配当まとめ。僕の2018年10月末の配当状況を紹介します。

 

 

米国株・日本株の配当金推移

 

まずは配当金推移から見てみます。

配当推移

上のグラフは配当の推移を月ごとに表したグラフです。赤が日本株、青が米国株の配当を表しています。下のグラフは、傾向をわかるように12ヶ月平均したものです。

 

配当の伸びは順調です。12ヶ月平均で月20,000円を突破するもの目前です。過去に種まきをしたものが少しずつ実ってきています。

 

なお、2018年10月は海外4、国内1の投資先から配当金(分配金)をいただきました。

バフェット銘柄・2009年に投資したコカコーラ(KO)はディフェンシブだけど収益は100%超

2018.10.11

分配利回り5%超えの米優先株ETF-iシェアーズ 米国優先株式 ETF(PFF)の実際

2018.11.12

【MDTへの投資】18/3に医療機器メーカ・メドトロニックに投資していたら…?

2018.10.24

投資して1年、世界最大の調味・香辛料企業マコーミック(MKC)への投資は儲かった?

2018.10.28

【期待ゼロ株が爆上げ】イオン(8267)に投資をしていたら・・・?

2018.10.30

 

ミスターマーケット
以前まで10月(1・4・7月)は配当の空白期間でしたが、2017年・2018年に投資したMDTやMKCからの配当金が入ってくるようになり、少しは改善されました。あと、1、2社増えると賑やかになるのですが・・・なかなか良い企業が見当たりません。

 

 

海外株の配当金推移

 

つぎに海外株の配当金だけを絞って推移をみてみます。

米国株配当推移 米国株配当推移円建て推移

上がドル建ての配当金、下が円換算の配当金になります。

 

今年もドル建、円換算後ともに非常に順調になっています。追加投資の効果、企業業績が好調であること、為替が安定であることの3つの要因が配当に追い風になっています。

 

ミスターマーケット
もしかすると、来月末には昨年2017年の配当金を超える勢いです。今年も素晴らしいグラフが完成しそうです。

 

 

日本株の配当金推移

 

次は日本株の配当金です。

先月までは銘柄コードが表示されていましたが、今月からは銘柄名の表示に切り替えました。こちらのほうがわかりやすくていいですね。

 

ミスターマーケット
年前半に少しだけ日本株から米国株に資金をシフトさせましたので、伸びは期待できません。

ただ、増配などがあり順調に推移しています。

今年2018年はなんとか昨年2017年並みの配当金を得ることができるのではと思っています。

 

 

年配当金推移前年比較グラフ

 

配当金の受取金額の推移を前年と比較するグラフです。

今年の配当金が去年を超えるのはほぼ確実ですね(^^)

 

 

相場が荒れても、配当は安定している

 

9月までの好調な相場から一転して10月は大荒れになり、ミスターマーケットのポートフォリオも打撃を受けました。

201810ポートフォリオ金額

 

だけど、今回確認したとおりに配当は安定しています。

 

なぜなら、配当は株価とは違い期待の影響がないためです。配当とは企業が稼いだ利益、つまり実績から得られるものです。

 

株価は未来、配当は過去といってもいいでしょう。

 

期待は好調なときには前向きに作用されますが、不調なときには後ろ向きの力になります。株価は期待剥落によって下がります。

 

市場が荒れたら期待の影響を受けない配当をみて過ごすのがいいです。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA