2021年7月末の資産ポートフォリオ公開!順調な1ヶ月でした!

2021年7月ポートフォリオ

 

ミスターマーケット
7月は順調でした。

 

2021年7月末のポートフォリオ

 

2021年7月のポートフォリオ。まずは、企業・金融商品別の比率から。
2021年7月ポートフォリオ

そして、企業・金融商品別の金額。

ミスターマーケット
株式は全部で50銘柄、最も大きい銘柄は米国株のマイクロソフトの10.8%(3,275千円)、最も小さい銘柄は米国株のクラウドストライクの0.4%(111千円)でした。

 

 

前月からの変化

 

次は、前月末からの変化を確認します。各銘柄毎の金額と動きです。

 

変化だけもみてみましょう。

2021年7月はCOSTとAMZNに追加投資しました。

 

COSTは投資金額を100万程度まで引き上げたかったから、AMZNはもっとクラウドに投資したかった(MSFTはお腹いっぱいだからAMZNさん…)そんな感じです。雰囲気です。

 

ミスターマーケット
春から買い増ししていたMSCI・SPGI・COSTがかなり順調に推移しています。勘違いしそうです。

 

 

ミスマ分類

 

ミスマ分類・・・僕のなかでのセクターみたいなものです。どんな感じで銘柄をみているのか、考えて作ってみました。

ミスマ分類

ビジネスハイテクはビジネス向けのテック企業です。銘柄はMSFTとかAMZN、CRM、INTU、歯愛メディカルとかです。ビジネス必需品といっても良いかもしれません。

 

医療機器は、医療機器です。僕はヘルスケアのなかでも医療機器が好きです。銘柄はシスメックスとか、マニー、ABTです。医療機器です。

 

消費者リアルは、流通や外食です。銘柄でいうとMCD、SBUX、COST、イオンとか。消費者リアルのなかでも僕は不況耐性つよい銘柄が好きです。

 

食品日用品は、食品日用品ですね。銘柄でいうと、KOとかPEP、PGとかです。近年のパフォーマンスはあまり良くないですね。

 

金融サービスは金融セクターの手数料ビジネスをしているイメージです。銘柄だとMSCIやSPGI、V、MAです。

 

消費者ハイテクは、一般消費者向けのネットサービス企業です。銘柄だとGoogleとか。

 

ミスターマーケット
もう少し良い分類ができる気がします。もっと考えます。

 

ミスターマーケットのノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA