【PG】リーマンショック前夜にPG株をバイアンドホールドしたら?

PG

どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

17/10/18に「【GE】リーマンショック前夜にGE株をバイアンドホールドしたら?」を公開しました。

 

ミスターマーケットの実経験のもと、リーマンショック前にゼレラルエレクトロニック(GE)株をバイ&ホールドした結果を記事にしたものです。最近、相場が高値圏を更新するなかで、もし買ったらどうなるかという実例を示してみなさんに提供したかったわけです。

 

結果は10年近く保有してトントン(詳しくは記事)でした。「景気変動の影響を受けやすいGEでもトントンであれば、景気変動を受けにくい、例えばプロクター・アンド・ギャンブル(PG)株など、であればもし高値圏で購入しても大丈夫。バイアンドホールドのつもりなら「安くなったら購入」よりも買ってしまったほうがいいんじゃない?」という結論でまとめました。

 

ですが、あのもっていきかたは少し強引だったかなと反省しています。やはり、プロクター・アンド・ギャンブルでも実例を提示しようと思い、今回の記事にしました。

 

PGは世界最強の日用品会社

 

プロクター・アンド・ギャンブルは世界屈指の日用品メーカです。商品は洗濯洗剤「アリエール」やカミソリの「ブラウン」、シャンプーの「パンテーン」があります。経営学者ドラッカーの本にもたびたび登場する企業です。

 

ミスターマーケットが購入した2007年のころは「プリングルス」もP&Gの商品でした。当時、プリングルスの緑色(サワークリーム??)が好きだったことも購入のきっかけだったと思います。そういえば、最近、ブラウンの電動歯ブラシを購入しました。いいですね。磨き終えたあと、歯がツルツルになります。そして、替えブラシがけっこうな値段するのもいいですね(投資家として)。

 

 

 

さて、本題です。リーマンショック前夜にPG株をバイアンドホールドしたらどうなるか?

 

まずはリーマンショックの打撃がどれくらい大きかったのか確認したいと思います。下↓は2009年4月のミスターマーケットのポートフォリオです。

P&Gの株価は買値62.11$に対して48.75$です。GE株が買値33.13から12.73$と、買値の3割程度になっていることと比較すると、P&Gの影響の小ささがわかります。

 

そして、その後、PGはどうなるのか…

 

下↓のグラフはPGのドル建ての配当込みの損益推移表です。

ドル建てでみると、PG株もリーマンショック直後は影響を大きく受けているものの、配当込みであれば2010年頃にはプラス圏に浮上しています。

 

配当なしでも2012年5月を最後に含み損は発生していません。とはいっても、PG株に投資した時期は2007年であるため、5年近く買値をウロウロしていたわけです。(プラスに転じたときに売却しなかった自分に乾杯!)

 

高値高値って怯えている方にむけて、「バイアンドホールドのつもりなら5年も持てば大丈夫だよ!」と結論を言いたいところですが、まだ続きがあります…。

 

忘れている方や、まだ投資を始めていなかった人に確認したいのが、リーマンショックで投資家を苦しめたのは、株式市場だけではなかったということです。

 

もう一つ、投資家を苦しめたのが、外国為替市場の超円高が投資家を強く強く苦しめました。

 

PGの円建ての損益推移もみてみよう

 

ということで、PG株の円建て配当込み損益推移をみてみましょう。

どん!先ほどの、ドル建てのグラフと全く違うグラフです。

 

もう一度、違い(為替の影響)を確認するために、もう一度みてみましょう。

 

下↓為替影響なし

 

下↓為替の影響あり

ぜんぜん違うグラフです!でも同じPG株ですよ!

 

よく「米国株投資における為替影響は長期でみるとなくなってくる」と書いてありますが、あの言葉には注意したほうがいいです。その「長期」って言葉がどのくらいの期間をさしているのかわかりませんし、その間の含み損は非常に辛いことを覚悟しておく必要があります。

 

(ミスターマーケットも為替の影響が長期ではなくなるという説を信じています)。

 

とは、いえ、2013年頃にはプラスに転じることになります。バイアンドホールドの成果が実を結ぶまでに2007年に投資して約6年の歳月がかかったわけです。

 

ミスターマーケットの結論

 

ミスターマーケット
結論:ディフェンシブ株をバイアンドホールド前提で購入するなら、高値更新が続く相場のなかでも購入は「あり」

 

ただし、過去の例(リーマンショック/PG株/円建)だとプラスになるまで6年の歳月がかかっているということを覚悟して挑戦してください。6年は長いですよ。2190日。1日1回評価額をみたら、2190回もため息をつかなければいけません←大袈裟

 

購入した直後に暴落がはじまっても、6年後にあなたはその株を保有できている自信がありますか?

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

(もちろん、投資は自己責任です。)

 

関連記事

GE株だったら…↓

【GE】リーマンショック前夜にGE株をバイアンドホールドしたら?

 

自分も損益推移グラフ作りたいなと思った方は下↓

Mr.マーケットの配当集計講座1-1 簡単入力のためのフォームを作ろう

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。