【KO】バフェットが愛するコカコーラから配当を受け取りました

どうも、ミスターマーケット(@mrmarket_japan)。

偉大なる投資家バフェットが愛するコカコーラから配当を受け取りました。ミスターマーケットのバフェットコバンザメ投資の成果をみてみましょう!!

 

配当推移グラフ

ドル建

ミスターマーケット
まずは配当推移グラフ(ドル建)です。2009年に100株、2011年夏に100株購入しています。配当は順調に、順調に増えています。ペプシもそうですけど、こういう会社は持っていて安心できます。

 

円建

ミスターマーケット
こちらは配当推移を円建であらわしています。ドル建の配当推移も順調にでしたが、円建のほうがより順調です。いまのところ、コカコーラへの投資は為替が追い風になっているようです。

 

損益額推移グラフ

ドル建

ミスターマーケット
次に損益推移です。ドル建の金額です。赤がキャピタルゲイン、青がインカムゲインを表しています。上下しながらも安定的に右肩あがりになっていて、こちらも投資家にとったストレスが小さいやさしいグラフになっています。

 

円建

ミスターマーケット
次は円建ですが、…あれ、想像していたグラフと違います。買い増した、2011年秋までずっと横ばいですね わら。なんで、2011年に買い増しの決断ができたのでしょうか…。買い増しは正解だったと思いますが…、そのきっかけが今となっては思い出せません。かなりの不思議な行動です。コカコーラはそれほど収益がでていないと思っていましたが、円建でみるとなんだかんだ50万を超える収益がでていることに驚きです。

 

損益率推移グラフ

ドル建

ミスターマーケット
ドル建の損益を率でみています。順調順調。

円建

ミスターマーケット
こちらは円建の推移を率でみています。100を超えているということは倍になったということです(配当含めて)。2011から、2014年までの急カーブはすこぶる順調です。そこからはいまに至るまでほぼ横ばいという感じでしょうか。

 

バフェットコバンザメ投資は成功だった?

バフェットコバンザメをしてよかったと思っています。投資初期にはバフェットの存在を知っていましたが。しかし、バフェット銘柄に投資するまではかなりの時間がたちました。コカコーラへ投資するまではつまらないローテク産業、いわゆるディフェンス株への投資の魅力を実感することができませんでした。

 

やはり、バフェットの考え方はすごいとおもいます。ローテク企業は製品自体が成熟化しているため、研究開発を抑えることができます。ワクワクする投資の楽しみはありませんが、ジワージワーと収益があがってくる楽しみを得ることができます。

 

よく、若いうちは無配当・グロース銘柄へ投資すべきという論調がありますが、ミスターマーケットは若いうちからコカコーラなど高配当株への投資もありだとおもいます。コカコーラは機会があれば是非投資を検討してほしい銘柄です。

 

ミスターマーケットミスターマーケット(@mrmarket_japan)の本日のノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。