【V】201709 VISAから配当金を受け取りました

どうも

ミスターマーケットです。

 

 

世界中で決済サービスを提供しているビザから配当金を頂きました。

ビザさん、おつかれまです!

(そして、みなさん1週間お疲れ様です。)

 

まずは配当から

 

どん!

ただの四角形…です。そうです。VISAからの配当金は今回が初めてです。しかも、金額は1.2ドル(少なっ)。

 

VISAに投資したいっ!ってことで春に10万円だけ投資しました。配当利回りが小さいことは知ってたいのですが、こんなに小さいとは思いませんでした!!

 

えーと、(頭の中:保有金額100,000×配当利回0.5%=500円÷4四半期=130-税金30%=90円…)合ってる笑

 

いつもは配当利回りがそこそこ以上の銘柄ばかりに投資しているためわかりませんでしたが、配当利回り(ついでに投資金額も)が小さいとこんなことになるのですね…。ちょっとビックリしました。

しかし、50万円を投資したとしもたった四半期に6ドルしか貰えないのですね。将来の増配を期待できるとは言え、配当が少ない銘柄はしんどいですね…。

 

円建のグラフも用意しました。

どふ。130円。

 

次に収益推移グラフをサッと行きましょう。

 

まずはドル建てです。購入後にするするっとあがりました。しかし、購入した金額はビビリの1000ドルですので、大勢には全く影響なしです。青い配当が薄くみえています。

 

円建です。円高に振れているため、利益を圧迫しています。

 

配当の報告は以上ですが、VISA初登場ですので、決算のほうも簡単に紹介させてください。

少し決算情報も見ておきましょう

 

まずは売上と利益です。売上高の伸びが素晴らしいです。ミスターマーケットの印象ではカード決済が成長している印象はありましたが、近年に入ってもここまで急成長していることは意外でした。意外とカードの普及はまだ始まったばかりなのかもしれません。

 

利益の質のグラフです。営業キャッスフローマージンが50を超えている年がありますね。売上の50%が現金になっているという恐ろしい稼ぎ方です。それでいて、実際に利用する消費者にはコストが認識されないというのは、なんとも日本人には思いつかない商売だなーと感心します。

 

次は株主還元のグラフです。配当利回り自体は小さいですが、過去に大きく増配しています。今後の配当余地はまだまだありますので、フィンテックで地殻変動が発生しない限りは大きい増配が続くことが期待できます。

 

注目したいのが、緑線です。緑線は株式総数を表していますが、急下降しています。つまり、自社株買いを積極的に行っているというこです。

 

ミスターマーケットの認識では自社株買いは経営者が株価を割安だという考えている証のはずです。VISAの株価はPER40倍前後を推移していますが、その水準でも自社株買いを行うということはまだまだ割安ということでしょうか。

 

VISA株価のグラフです。「利益の強い拡大傾向」と「自社株買い」で株価が上昇するのも納得です。

最後に

春に購入して思うことは、どんなに憧れた銘柄でも、ほんの少しだけでも手に入れれば銘柄に対する熱が一気に減るということです。VISAもかなり欲しい!と思いましたが、現在のところ、どうしても追加購入の気持ちはありません(もちろん、素晴らしい会社だと思いますし、株価下落のチャンスがあれば拾います)。

 

もしかしたら、銘柄熱にうなされたら、頭を冷まして冷静に検討するために、とりあえず少し購入して持ってみる方法もいいかもしれませんね。

 

ミスターマーケットの本日のノイズでした。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。