【MKC】マコーミック好調な売上と利益成長・増配を発表!

どうも、

ミスターマーケット(@mrmarket_japan)です。

 

今朝、起きて株価をみたら調味料世界大手のマコーミックの株価が5.39%上昇していて何かあったのかと調べたら、ありました。売上ok、利益成長ok、増配の発表でした。

 

今夏購入したマコーミックから嬉しいニュース

順調な売上・利益成長と増配!

 

マコーミックは、第3四半期の売上高が前年同期比9%増加、調整後利益が前年同期比18%増と発表。さらに、2017年の売上高予想成長を10%とし、調整後の営業利益予想増加を21%と発表した。

 

そして、配当を0.43ドルから0.47ドルへの増配を宣言した。これで配当支払93年連続、連続増配32年となった。

 

先日、マコーミックは市場シェアの拡大を目的に英日用品・医薬品・食品大手レキット・ベンキーザーの食品事業部門「RBフーズ」を42億ドル(約4700億円)での買収合意を発表したものの、高値買収懸念がでていた。

 

マコーミックとは?

マコーミックMcCormickは米国の世界最大のスパイスメーカです。米国はもちろん、欧州・中南米・アフリカ・インド・中国・東南アジアなど世界各地で展開をしています。北米はもちろん、イギリス・フランスでも3割から5割と高いシェアを持っています。

 

ミスターマーケットは今年2017年の夏に購入しました。購入した理由は①扱う商品が香辛料調味料であること、②世界的最大手であること、③株主に対する姿勢の3点です。

 

香辛料調味料というものでは日常生活になくてはならないものですし、生活水準が上昇すれば必ず多く使われるものだと思います。かなり素晴らしいビジネスだと思っています。逆に、もっと大きい規模でないことが不思議なくらいです。

 

不安ながらも購入してよかった

購入したときは扱う商品や会社の実績など素晴らしい会社だと思いながらも、株価が割高だったため、少し不安でした。ですが、このような好調な企業業績のニュースを聞くと、割高であっても素晴らしい会社を買うべきとホッとしました。

 

流通業のプライベートブランドが食品メーカ、そしてマコーミック商品を苦しい立場に置くという指摘もありますが、順調な売上成長を聞いて、その懸念が顕在化することは一先ず遠ざかったと思います。

 

ミスターマーケットは顧客がプライベートブランドに流れたとしてもいずれは戻ってくるだろうし、顧客の質に対するニーズが高まれば、最終的にはどんどん専業メーカが有利になっていくと思っています。それがいまのところはあたっているみたいです。

 

ミスターメーケット(@mrmarket_japan)の本日のノイズでした。

 

購入したときの記事です。

[blogcard url=”https://mrmarket-japan.com/tousikigyou/20170802120321/”]

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

どうも!ミスターマーケットです。 Mr.マーケットは30代半ばの普通の会社員です。20歳から株式投資をはじめ、現在は日本株と米国株で配当を中心に長期投資を行なっています。よろしくお願いします。